ワカシャチ漫遊記 「回顧録 熊野古道他Ⅰ」 2011年GW

今年のGWは義父母を熊野古道などへ案内しました。

2011年5月1日(日)   
車で一気に熊野那智速玉神社へ向かいました。
途中、熊野市にも観光の名所がたくさんありました。

獅子岩
鬼ケ城とともに国の名勝天然記念物に指定され、世界遺産にも登録されている。
高さ約25m、周囲約210mの岩塊。獅子が海に向かって吠えているように見えます。
地盤の隆起と海風蝕によりこのような奇観を生み出しました。
画像


画像


花の窟神社
花の窟は、神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が
火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼かれて亡くなった後に葬られた御陵です。
平成16年7月に花の窟を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されました。
花窟神社(花の窟神社)は日本書紀にも記されている日本最古の神社といわれており、
古来からの聖地として今に続く信仰はあつい。

画像


画像


七里御浜 世界遺産
熊野市から紀宝町に至る約22Km続く日本で一番長い砂礫海岸で、
これまでに「日本の渚百選」や「21世紀に残したい自然百選」など
全国の景勝地と並んで選ばれています。
ウミガメの産卵地としても有名です。
残念ながら今回は雨にため、良い写真がありません。

昼食は新宮の総本家めはりやにめはり寿司を食べに行きました。
めはりずし(めはり寿司)は和歌山県と三重県にまたがる熊野地方、
および奈良県吉野郡を中心とした吉野地方の郷土料理です。
高菜の浅漬けの葉でくるんだ弁当用のおにぎりです。

画像


画像


熊野速玉大社
熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)は、和歌山県新宮市新宮にある神社で
熊野三山の一つです。
熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とする。
2004年7月、熊野速玉大社の境内地は、ユネスコの世界文化遺産
「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録された。

2011年9月5日の台風12号で速玉大社が大きな被害を受けたニュースを見て
大変ショックを受けました。お見舞い申し上げます。

画像


画像


速玉大社拝殿
画像


本日の宿 南紀勝浦のホテル中の島到着まで少し時間があったので
太地町を訪ねました。
太地町(たいじちょう)は和歌山県東牟婁郡の町で、昔からイルカ漁をする町としても有名で、
最近「THE COVE」というドキュメンタリー映画でイルカ漁の是非について問われています。
また落合博満 現中日監督(今シーズン限りで退団)の野球記念館もあります。

落合博満野球記念館
日本初の個人としてのプロ野球個人記念館。
ユニークな六角形の記念館は落合の背番号「6」にちなんで設計された。
2階の喫茶(ベースボールヒーロー)からは雄大な熊野の海が一望できる。
画像


くじらの博物館(時間が遅く入館できず)
画像


夕方、紀伊勝浦駅に到着。島全体がホテルになっているホテル中の島へ。
連絡ボートに乗り換え3分でホテルに到着。
新鮮な海の幸と海を望む紀州潮聞之湯を満喫しました。

画像


初日終了













 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

榊原です。
2011年10月18日 16:05
熊野古道いいですよね。なぜか速玉神社あたり、よく仕事で行きました。
私は、公開しているサイトはないです。

え~と思われそうな話は、ワンピース大人買いで63巻すべて購入しました。意外と泣けます。名作です。

また、オススメ動画は、クワガタをチョップしたらタイムスリップした、や、家に帰ると妻が死んだふりをしてる。とかです。

ケガしてなかったら、バンググライダーかパラグライダーでも、やろうと思ってたんですが、運動できない中、変な趣味ができちゃいました。


この記事へのトラックバック