ワカシャチ漫遊記 「回顧録 上高地Ⅰ」 2011年5月28日(土)

クラブツーリズムバスツアーで上高地に行きました。/
名古屋駅、朝8時出発し上高地に昼前に到着。
上高地を約4時間散策しました。
画像


上高地
槍ヶ岳を水源とする梓川が流れ下ってきて、勾配をゆるめたところに生まれた、
山間の広い谷、それが上高地です。
上高地は、槍・穂高をはじめとする3000m級の山々が間近に見える
日本を代表する山岳景勝地です。
今回歩いたルートは
大正池⇒田代池⇒田代橋⇒ウェストン碑⇒河童橋⇒明神橋⇒明神池⇒穂高神社奥宮⇒バスターミナル
時間ぎりぎりまで散策をしました。
画像


大正池
目の前に焼岳が大きくたちはだかり、右手には穂高連峰がそびえて水面に
その影を映し、水中に立ち枯れた木々が風情がある。
その木々も年々少なくなり、土砂の流入で行けも以前より小さくなっているが
この風景はやはり上高地の代表的な景観の一つです。
画像


画像


田代池・田代湿原
大正池から北へ自然研究路をたどると、やがてT字路に突き当り、田代湿原に出る。
ここを右に行けばすぐ田代池がある。
田代池は、六百山や霞沢岳などから湧き出る伏流水が造った小さな池です。
画像


画像


画像


さらに北上し田代橋へ。
田代橋からは晴れていれば梓川の下流方向に焼岳が見える。
画像


田代橋を渡り上高地温泉ホテルの先はすぐ梓川に臨むウェストン広場となる。
木立に囲まれた山側の岩壁には、日本アルプス登山の開拓者、
ウォルター・ウェストンの丸いレリーフがはめ込まれている。
画像

ウェストンは明治時代に来日した英国人牧師で、日本近代登山の
育ての親として知られている。

ウェストン園地から梓川をさらに上流に道をたどると、上高地観光の中心となっている
河童橋に到着する。
河童橋はの両岸にはホテル、食堂、みやげ店などが並び、
シーズン中は人が絶えることがない。
この橋から仰ぐ西穂高岳・奥穂高岳・穂高連峰は、残雪の白をちりばめて、
文句なしに素晴らしい景観である。
画像


画像


上高地自然教育ビジターセンターで一休み。

後半につづく。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック