ワカシャチ漫遊記 「伊豆・下田と河津桜」 2012年3月17・18日VOL.2

2012年3月18日(日)/
きょう午前中は時々曇ってはいたが、午後はずっと雨でした。

開国記念碑
城山公園の中央階段の頂上に開国記念碑はあります。
碑に記されている「開国記念の碑」の文字は吉田茂総理が書いたもので、
碑文のペリーとハリスの言葉は石川康慶の筆です。
画像


画像


ペリーロード
下田条約締結のために下田に入港したペリー提督一行が
了仙寺に向かって歩いた約700mの石畳の道。
画像


了仙寺
日米和親条約が締結された後、了仙寺はペリー艦隊と幕府の交渉場所となりました。
1854年には日米和親条約付属下田条約がここで結ばれています。
画像


画像


宝福寺・唐人お吉記念館
お吉と坂本竜馬の歴史が眠る寺で、日本初のアメリカ総領事ハリスの
世話係となって仕え、のちに51歳で自らの命を絶った悲劇の女性
「お吉」の墓や遺品などがある。
また、勝海舟が山内容堂に坂本竜馬土佐藩脱藩の罪の赦免をした
「謁見の間」なども大きな見所です。
画像


画像


吉田松陰寓寄処
嘉永7年(1854)3月18日、米国ペリー艦隊を追って下田に到着した
吉田松陰、金子重輔は役人の目を逃れるため、
それぞれ瓜中万二、市木公太と名を変え岡方村(現在の下田市4丁目付近)の
岡村屋に宿泊し、米艦に便乗しての海外密航の機会をうかがっていた。
当時皮膚病(疥癬)を患っていた松蔭は、温泉による治療のため、
この蓮台寺を訪れ、向かい側にある共同湯(上の湯)で夜を明かそうとしていた。
そこで偶然この家の主、村山行馬郎医師と知り合い、その好意によりしばらく
村山邸に身を寄せることになった。
2階に松陰が隠れていた部屋があり、1階には皮膚病の治療のために
入ったとされるお風呂があった。
画像


画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック