ワカシャチ漫遊記「山梨~軽井沢」2012年9月20日~22日VOL.2

9月22日(土)/
ホテルグリーンプラザ軽井沢(北軽井沢)
宿泊したグリーンホテルはリゾート型の大きなホテルでした。
食事は朝も夕もバイキング形式でしたが、内容はかなり質量ともに充実
していました。
画像


鬼押出し園
鬼押出し園は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある公園であり、
一帯は1783年(天明3年)におきた浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩である。
園内には東京上野の寛永寺の別院である浅間山観音堂が設置されている。
画像

画像


離山房
今回の軽井沢観光の目的の一つは、ジョンレノンの滞在した足跡を
たどることです。
離山房はジョン・レノンが通っていたという喫茶店で、
庭にあるあづまやで、ジョンはよく昼寝をしていたそうです。
オノ・ヨーコさんの別荘とよく似ていて、ヨーコの「お店の雰囲気をこのままにしておいて欲しい」
という希望通り、お店はジョンが来ていた当時のままになっているそうです。
私は、土曜日の朝11時ごろ訪ねていきましたが、お客は誰もいなく、
ゆっくりコーヒーを飲めました。
画像

喫茶店の壁には当時のジョンの写真が飾られています。
画像


雲場池
雲場池(くもばいけ)は長野県北佐久郡軽井沢町の六本辻近くにある池。
地元では「おみずばた」と呼ばれ、「スワンレイク」という愛称も持つ。
細長い形状からデーランボーという巨人の足跡という伝説が残るが、
近世にホテル鹿島ノ森の敷地内に湧く
御膳水を源とする小川をせき止めて誕生した池である。
紅葉のシーズンがベストシーズンになります。
近くの駐車場に車を止めレンタサイクルで散策しました。
画像


聖パウロカトリック教会
聖パウロカトリック教会は、1935年(昭和10年)英国人ワード神父により設立。
名建築として軽井沢の中でも代表的な教会で、傾斜の強い三角屋根、
大きな尖塔、打ち放しのコンクリートが特徴。
吉田拓郎など有名人が挙式をあげている。
画像


ショー記念礼拝堂
避暑地としての軽井沢の魅力を世に広め、発展に貢献した宣教師、
A.Cショーが設立。
素朴な木造建築から「軽井沢の父」と呼ばれた
ショーの温かい人柄も感じられる。
画像


軽井沢会テニスコート
天皇、皇后両陛下のロマンスの場所としてあまりにも有名。
現在も夏になれば皇室の方々の姿がちらほらと見受けられる。
クラブハウスは軽井沢に多くの建築物を残した
建築家W.M.ヴォーリズが増築設計したものです。
画像


室尾犀星旧家
室生 犀星は、石川県金沢市生まれの詩人・小説家。
抒情小曲集の「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」
の詩句が有名である。
この家は昭和6年に建てられ、昭和36年まで犀星は毎年この家で夏を過ごしました。
画像


万平ホテル
外国人の避暑客をもてなすために誕生した軽井沢初の洋風ホテル。
ジョンレノンなど国内外の著名人が滞在。
画像

ジョンレノンが使ったピアノも展示されていた。
画像


旧軽銀座
バス停のある旧軽ロータリーからつるや旅館まで続く旧軽銀座。
沢屋でイチゴジャムを購入。
画像


旧三笠ホテル
国の重要文化財に指定された旧三笠ホテルは、
日本人の手による純西洋式木造ホテルという点が高く評価された。
近衛文麿、渋沢栄一、大隈重信など日本を代表する政財界人が、
数多く滞在したホテル。
画像


信州そば(中軽井沢 かぎもとや本店)
画像

画像


初めての軽井沢でしたが、やはり昔から日本屈指の避暑地として栄え
現在もなお著名人の別荘地などがあり、またゆっくり訪れたいと思いました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック