ワカシャチ漫遊記「富山 立山の紅葉」2012年10月6日

2012年10月6日(土)/
今日から3連休 初日
バスツアー「秋めく山岳紅葉 立山・室堂」に参加しました。
名古屋から北陸自動車道で立山IC⇒立山へ
約5時間半のドライブでした。
滞在時間は2時間半という限られた時間で
室堂ターミナルよりみくりが池を一周するコースを満喫しました。
画像


今日の室堂の天気 くもり 気温 7℃ 視界 良好
今日の室堂の紅葉 徐々に中腹まで紅葉が降りてきているが
見ごろには間違いない。
ナナカマドをはじめ今年の紅葉は近年では一番よく色づいているそうだ。
また視界も良好で、剣岳や雄山などは雲もなくしっかり見れる。
画像


ホテル立山付近
画像


立山玉殿の湧水
立山黒部アルペンルートの立山トンネルの開通により、
標高2450mの室堂に噴出した湧水である。
霊峰立山の主峰雄山直下から湧くその豊かな水は、
2~5℃と非常に冷たい。水筒に入れて散策開始。
画像


立山
立山は、北アルプス北部の立山連峰に位置する山で、
雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、
富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称で、
今日は雄山頂上の雄山神社峰本社までよく見えました。
徒歩約2時間で山頂まで行けるようです。
画像


みくりが池
室堂駅から西北方に500 mほどのところにあり、室堂で最大・最深の池である。
面積は約30,000 ㎡、池の深さは15 m、池の周囲の長さは631 m。
池の北西の畔の標高2,430 m地点には、日本最高所のみくりが池温泉がある。
画像


地獄谷
地獄谷は、立山火山の面影を見せている爆裂火口 で、
周囲約1.5キロの平坦なくぼちに、8大地獄に小地獄を加えると、
136地獄があるという。独特のイオウの臭いがたちこめ、
荒涼とした地肌にはおびただしい数の硫気孔があり、水蒸気を噴出している。
なお、平成24年は立ち入り禁止となっていました。
エンマ台より一望できます。(剣岳も見れました)
画像

画像


りんどう池
立山室堂の周辺にある火口湖群の中の1つ。
リンドウ池の名の通り、池の周辺にはリンドウが見られる。
画像


血の池
画像


みどりが池
画像


山崎カール
山崎カール・山崎圏谷は、立山の雄山北西山腹に見られる
幅約400 m、長さ約600 mの圏谷。
日本で最初に発見された氷河地形の圏谷であり、発見者である
地理学者の山崎直方の名を取って命名された。
立山の山崎圏谷として国の天然記念物に指定されている。
画像


おまけ1(室堂までの車窓からの風景)
画像

画像

おまけ2(ナナカマド)
画像


日中は軽装でも大丈夫ですが、やはり山の上なので
日が陰るとぐっと寒くなります。
次は5月前後の雪の大谷を見てみたい。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック