ワカシャチ漫遊記「藤原岳登山」2012.10.20

2012年10.20藤原岳登山に行ってきました。
メンバーは“ゆっくり歩こうの会”
代表の山中さんとお友達の篠木さんです。
西藤原駅を起点に藤原岳(展望台)往復の登山でした。

藤原岳
藤原岳は鈴鹿国定公園の三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境界にある山。
標高1,144mで鈴鹿山脈の北部に位置し、
日本三百名山及び関西百名山に選定されている。
画像


三岐線西藤原駅
三岐線は、三重県四日市市の富田駅から三重県いなべ市の
西藤原駅までを結ぶ三岐鉄道の鉄道路線である。
終点の西藤原駅は、機関車の形をした可愛い駅でした。
画像

現在東藤原駅から西藤原駅までは電車脱線の影響でバス代行運転中でした。
藤原駅で電車を降りました。
藤原は石灰石の大規模な鉱山となっていて藤原駅にも
太平洋セメントの貨車が頻繁に行き来していました。
画像


西藤原駅より数分で藤原岳大貝戸道登山口に到着。
車の人用に駐車場がありますがすでに満車状態でした。
画像

8:45 登山出発。
本日のルートは大貝戸道を登るルートでした。
画像


藤原岳の特徴
藤原岳は花の名山としての全国的な知名度がある。
山野草が多いのは石灰岩の山であることも一因である。
春にはセツブンソウやフクジュソウ、秋にはトリカブトやテンニンソウ、
シロヨメナの群落となる。
画像


五合目・八合目と順調に登ってきたが
八合目を過ぎたあたりで足がつり始めた。
さらに九合目からは私にとっては厳しい登りで
休みながらの、登山でした。
それでもゆっくり付き合ってもらい感謝です。
ワンポイント
篠木さんから「水分が不足していると足がつる」と教えてもらい、
水分補給しながら登山を続けました。
9:40 五合目 
画像

10:20 八合目
画像

11:50 避難小屋の藤原山荘に到着しました。
登り始めて約3時間、ここで昼食をとりました。
藤原山荘からは天狗岩へ30分、展望台へ20分の分岐点です。
我々は昼食後展望台を目指しました。
画像

藤原山荘から天狗岩にかけては“中部の秋吉台”と呼ばれるだけあって、
ドリーネ(すりばち状窪地)やカレンフェルト(羊のような石灰岩のかたまり)
が点在するカルスト地形の風景が見れました。
画像

最後の力を振り絞り展望台へ。
画像

12:30 藤原岳山頂 1140m
ブログを始めて初めての顔出し。
画像

一緒にお付き合いしていただいた山中さんと篠木さんです。
お二人ともに、健脚でした。
画像

展望台からは少しずつ紅葉する山が見えました。
画像


12:45 下山開始
一気に下山。とはいっても下りも結構きつかった。

15:05の電車で帰路に就く。
電車は我々ともう一人乗車していましたが
がらんとしたローカル線でした。
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック