ワカシャチ漫遊記「白山スーパー林道」2012年10月27日

2012年10月27日(土)
白山スーパー林道に紅葉を見に出かけました。
名古屋IC⇒白川郷IC 約2時間半のドライブ
白川スーパー林道は岐阜県と石川県にまたがっており
岐阜県側から入りました。
白山スーパー林道
白山スーパー林道(総延長33.3km)は、岐阜・石川両県にまたがる
未開発森林資源の開発を目的に、特定森林地域開発林道(スーパー林道)
として昭和42年に着工し、昭和52年8月に開通しました。
期間限定(6月上旬から、今年は11月11日まで)で通ることができます。

岐阜県側からドライブ開始
料金所の少し手前に合掌集落展望を展望できるスポットがあります。
岐阜県側林道起点から1.5kmの地点で、
伝統的建造物群保存地区として指定されている荻町地区の
合掌家屋112棟を一望できます。
画像


料金所
紅葉の見ごろ情報が告知されていました。
10月27日 紅葉は中腹が見頃
普通車片道3150円。
画像


白川郷展望台
岐阜県側林道起点から10.2kmの地点で、蓮如茶屋という売店あり。
この辺りから紅葉が見頃でした。
画像

画像


とがの木台展望台
標高1400m地点にある駐車場。豊かな原生林が一帯に広がり、
樹海越しに白山連峰の最高峰・御前ケ峰の美しい姿を望むことができる。
先日、白山連峰には雪が降って、雪山も見れました。
画像

画像

画像


途中、所々で車を止めてきれいなスポットがありました。
画像


国見展望台
国見展望台はスーパー林道の石川県側で標高1,100m付近。
画像


蛇谷園地
姥ヶ滝・小親谷の滝などが見れるエリア。
時間の関係で車窓より、姥ヶ滝を見ました。
画像

画像


ふくべの大滝
標高900m付近の白山スーパー林道の随一の名所です。
落差86mといわれる蛇谷随一の大滝です。
この滝は、林道開設によって日の目を見た、「幻の滝」と言われていて、
この滝の上方に同様の「幻の滝(交わりの滝)」が存在する2段の大滝である。
滝の上に滝があり瓢箪になるので ふくべと名前がついた。
画像

画像


岐阜県から林道に入ったが、石川県側の料金所を通り過ぎなければ
(Uターンで帰ってくる)料金は3150円のみ。
紅葉を堪能し岐阜県側へ戻りました。

お約束の秋の白川郷。
画像

画像


平瀬温泉でゆっくりして帰路に就く。
平瀬温泉は、白川郷荻町合掌造り集落の南方10キロ、白川街道沿いにある。
広義では白川郷に位置することから、近年では
白川郷平瀬温泉と名乗るようになった。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック