ワカシャチ漫遊記「長野 神社めぐり」2013年5月 VOL.1

2013年5月25日(土)
梅雨入り前の貴重な晴れの土日。
長野の神社めぐりに行きました。
今回の主な目的は、諏訪大社4社 戸隠神社5社を巡ることです。

諏訪大社 上社本宮
我国最古の神社の一つであり、信濃國の国造りをなされたのち、
日本国土の守護神としてこの地にお鎮りになり、
全国一万有余の諏訪神社の総本社です。
幣拝殿と片拝殿のみで本殿を持たない、
諏訪造りという独持の様式。
中でも本宮は諏訪造りの代表的なもので、
建造物も四社の中で一番多く残っています。
画像

画像

御柱
画像


諏訪大社 上社前宮 
前宮御本殿は内御玉殿から200m程上段で、
古くは神殿に附属したお社でした。
高台で豊富な水や日照が得られる良き地で、
御祭神が最初に居を構えられ、諏訪信仰発祥の地と伝えられています。
画像

画像


諏訪大社 下社秋宮
JR中央線下諏訪駅の東北約1km、春宮からも東へほぼ1kmの地点で、
旧中仙道と甲州街道の分岐点の要所に鎮座しています。
御社殿は神楽殿の奥で、二重楼門造りの拝殿と
左片拝殿及び右片拝殿が横に並びます。
拝殿奥の神明造りの建物は宝殿で、新しい方を神殿、
古い方を権殿と呼び、寅年と申年毎に左右の遷座祭を行います。
宝殿の奥が御神座とも相殿とも言われ、
御神木をお祀りする下社の最も重要な場所です。
画像

画像


諏訪大社 下社春宮
入口の御影石の大鳥居は万治二年(1656)建立と推定され、
境外にある万治の石仏と同じ作者と言われます。
神楽殿と拝殿、左右片拝殿及御宝殿と続く建物の配置は秋宮と同じです。
画像


万治の石仏
高さ2mほどの半球状の自然石に頭が載ったユニークな石仏です。
言い伝えによると、諏訪・高島藩主が諏訪大社下社春宮に大鳥居を
奉納するため工事を依頼し、石工がこの地にあった巨石にノミを入れたところ、
そこから血が流れ出しました。
石工は驚いて石に阿弥陀如来をまつったと伝えられています。
胴には万治3年(1660年)と刻まれており「万治の石仏」と名付けられました。
画家の岡本太郎さんや作家の新田次郎さんが絶賛。
画像

画像


国宝 松本城
2年前のGWに訪れた時は、長蛇の列で天守閣に登れなかった。
今回はスムーズに登れたが、天守閣からアルプスの景色は
見ることができなかった。
画像

画像


中町通り
江戸時代には酒蔵や旅館が並んでいた。
明治の大火の後、火に強いなまこ壁の土蔵が
多く建てられ、今もその面影を残している。
画像


宿泊は長野東横イン。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック