ワカシャチ漫遊記「石川県 漫遊」2013年7月 VOL.2

2013年7月14日(日)
昨夜は金沢に宿泊しました。
朝は珍しくゆっくり9時半スタートしました。
天候は朝方まで雨が降っていましたが止み、
晴れ間ものぞき予定通り、目的地を廻れました。

西田幾多郎記念哲学館
西田幾多郎は日本を代表する哲学者。
京都大学教授、名誉教授。京都学派の創始者。
石川県かほく市森に生まれる。
江戸時代西田家は、十村(大庄屋)を務めた豪家だった。
若い時は、肉親(姉・弟・娘2人・長男)の死、学歴での差別、
父の事業失敗で破産となり、妻との一度目の離縁など、
多くの苦難を味わった。
そのため、大学卒業後は故郷に戻り中学の教師となり、同時に思索に耽った。
その頃の思索が結晶となり、『善の研究』に結実、
旧制高等学校の生徒らには代表的な必読書となった。
彼の哲学体系は西田哲学と呼ばれたが、
このように体系にその名が付けられるのは
日本の近代以降の哲学者の中では唯一と言って過言ではない。
その西田幾多郎の業績やゆかりの品を紹介しながら
哲学を身近にわかりやすく学び、思想体験を楽しめるのが
この哲学館です。
画像

画像

骨清窟(こっせいくつ)
1974年、住む者がいなくなった京都の西田邸が、
取り壊されるにあたり、この書斎の部分だけが、
旧西田記念館の横に移築され、30年以上にわたり
大切に保存されてきた。
画像


白山比目咩(しらやまひめ)神社
白山比咩神社は、石川県白山市三宮町にある神社。
式内社、加賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
全国に三千有余社の白山神社の白山神社の総本宮として
“白山信仰”の中心をなしている。
画像

表参道
画像

拝殿
画像


鳥越一向一揆歴史館
加賀一向一揆の舞台となった鳥越村。
一向一揆に関する資料を情報発信する歴史館で、
鳥越城跡附二曲城跡からの出土遺跡を展示している。
画像

画像

二曲(ふとげ)城跡
画像

画像


北陸における加賀一向一揆は、守護富樫正親を高尾城にて
攻め滅ぼす、長亨一揆により「百姓の持ちたる国」という
政治状況が出来上がり、その後石山本願寺合戦が始まるに伴い、
「山内衆」といわれる白山麓本願寺門徒の拠点として
鳥越城、二曲城が築城されたと思われる。
天正8年(1580)柴田勝家によって北陸本願寺教団の平定が行われ
天正10年を最後に鳥越城も3度の攻防を経て落城。
北陸における一向一揆の終結となった。

九谷焼
九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。
加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治が、
領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が
発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた
後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。
その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。
九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいました。
この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、
日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています。
古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山窯が開かれ、
春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、
赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現した。

九谷焼流通団地(九谷焼商卸)で
吉田屋のちっちゃな醤油さしと招き猫を買って帰りました。
画像

画像


ここからはかなりマニアックな場所を2つ訪れました。
根上り松
根上町根上山にあり、根上松古戦場史跡として整備されています。
旧根上町の町名の由来となった黒松は樹高14メートル、
推定樹齢110年で、根が地面より60センチほど隆起しています。
「源平盛衰記」によると寿永2年、源氏方についた加賀国住人
井家次郎範方一党17騎が平維盛軍と戦い、11度の戦闘をしかけた後、
根上の松まで追い詰められて壮絶な討ち死にをしたとされます。
安宅関を抜けた義経たち一行はこの地を訪れ、
戦死者の冥福を祈ったのちに岩根宮へと向かったということです。
画像


弁慶謝罪の地
弁慶謝罪の地とされる道林寺跡地には現在銅像と石碑が建てられ、
昔日(せきじつ)の主従愛を後世に伝えています。
安宅の関で義経を逃がすために主人である義経を
金剛杖で叩き据えた弁慶の忠義心は、歌舞伎「勧進帳」の
見せ場となっていますが、一行が無事安宅の関を通り抜けた後、
弁慶が「死してお詫びをつかまつる」と非礼を泣いてわびた場面もまた、
「勧進帳」を盛り上げる名場面の一つです。
しかし、義経はこの忠臣の機転を褒め、ともに涙を流して
お互いを称え合ったとされます。
安宅の関から東に約3キロ、現在では弁慶が跪(ひざまず)いて涙にくれた
祠(ほこら)などは何も無くなっていますが、跡地に建てられた銅像からは
主人を守ろうとする弁慶の決死の思いが伝わってきます。
画像


こまつの杜
こまつの杜は小松駅前にあり世界的な建機メーカー「コマツ」の創業90 周年を記念して、
小松工場跡地に平成23年5月にオープンした。
世界最大級のダンプトラック930Eが展示されている。
画像


石川県の旅の終わりは山中温泉に行き
いつもの吟醸酒ソフトを食べて温泉につかって帰りました。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック