ワカシャチ漫遊記「藤原岳 登山」2013年11月2日

2013年11月2日(日)/
和製スティーブジョブズこと N社OB 山中さんと
駅伝間近の N社 永谷さんと藤原岳に登りました。
実は私も8月まではN社でした。

藤原岳
藤原岳(ふじわらだけ)は鈴鹿国定公園の三重県いなべ市と
滋賀県東近江市との境界にある山です。標高1,144m。
鈴鹿山脈の北部に位置し、日本三百名山及び関西百名山に選定されている。
三重県側は太平洋セメント藤原鉱山となっており、石灰石が
山容が変わるほど採掘されている。
山頂は比較的平坦であり、山頂及びその北西にある標高1,171mの天狗岩は、
展望地となっている。
南には竜ヶ岳をはじめとする鈴鹿山脈の山々を望むことができる。
また周辺はフクジュソウやセツブンソウなどの群生地で、
花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。
この時期、山頂付近は既に紅葉が始まっていた。
また、天気の方も夕方から雨の予報だったが、
時折晴れ間もさす、暑くもなく寒くもなく良い天気に恵まれた。

8:40 西藤原駅到着
画像

画像

西藤原駅の駅舎はSLになってます。
画像


8:45 大貝戸道で登山出発
画像


10:30 8合目到着
この辺りから紅葉が見れるようになってきた。
画像

画像


11:30 藤原山荘(避難小屋)到着
登山開始から約3時間で到着しました。(予定通り)
前回は9合目から足がつり始めてが、今回はなんとか無事に到着。
この辺りからの景色は、石灰石があちこちで見ることができ、
山口県の秋吉台を思わせる景色が広がっている。
藤原岳山頂までも約20分。
まずは、腹ごしらえで、昼食をとる。
画像

画像

画像


12:15 藤原岳山頂(1120m)
昼食後、山頂へ向かいました。
この辺りの紅葉が一番綺麗に見えました。
画像

画像

画像

画像


山頂でお決まりのスリーショット撮影。
顔出しの了解をもらったので貼り付けます。
画像


12:45 下山開始
14:40 西藤原駅到着
帰りの電車は三岐線のサイクルパスで近鉄富田経由で名古屋に。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック