ワカシャチ漫遊記「紅葉狩りⅠ 恵那峡・天竜峡」2013年11月

2013年11月17日(日)/
紅葉を求めて恵那峡→天竜峡を訪れました。

恵那峡
恵那峡は、岐阜県恵那市・中津川市を流れる木曽川中流の渓谷。
恵那峡県立自然公園の中枢となっている。
この恵那峡は当時の地理学者、志賀重昂が、
大井ダムの湖景と一帯に見られる奇岩の調和を称え命名したものである。
全国にはダムの開発によって景観が損なわれたケースが多いが、
この恵那峡は全く逆のケースで、自然の造形と人工物の融合によって
誕生した景勝地である。
画像

普段は人が少ない恵那峡も紅葉のシーズンは観光客で賑わう。
画像

画像

季節はずれの桜も咲いていました。
画像


天竜峡
天竜峡は、長野県飯田市にある天竜川の峡谷。
国の名勝に指定されており、また天竜奥三河国定公園の一部となっている。
暴れ川と言われた天竜川が切り開いた絶壁が続く渓谷である。
花崗岩の岸壁にはアカマツやモミジが自生し、新緑や紅葉が見事です。
画像


天龍峽「十勝」
岡山の漢学者、阪谷朗盧により「天龍峽」と命名され、
書道家、日下部鳴鶴が来峽し「十勝」を選び、鳴鶴の自筆書により
それぞれ奇岩に文字が刻まれています。
天竜峡の代表的な景観
龍角峯
天竜川の深淵に住む龍が、ある時天に昇った時、その崖に
突然出来た「龍の化身」と伝えれれている。
画像

浴鶴巌
水面で鶴の群れが、その縞模様の羽を美しく水浴させていた
ところから命名された。
画像

姑射橋
中国古代の「荘子」に記されている不老不死の
神仙郷は姑射山にちなんで命名された。
画像


天竜峡 紅葉
画像

画像

画像

画像

画像

画像


夕方から曇ってきました。
青空ならもっと紅葉が鮮やかに見ることができたのに残念。

帰りは、昼神温泉に寄って温泉に浸かりゆっくり帰りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック