ワカシャチ漫遊記「初詣」2014年1月

あけましておめでとうございます
2014年がスタートしました。
今年もいろいろなテーマを持って旅したいと思います。
まずは、恒例の初詣。
今年は帰省先の広島で1社、名古屋に戻り4社ほど参りました。

2014年1月3日(金)
広島護国神社
昭和九年、御社殿の老朽化に伴い、西練兵場(旧市民球場の辺り)の
西端に新社殿を造営し移転されました。
同十四年に広島護国神社と改称されましたが、昭和二十年八月六日、
至近距離上空で原子爆弾が炸裂し、御社殿すべてを焼失しました。
昭和三十一年秋現在の広島城跡に新社殿が造営され、待望の復興を遂げました。
久々の広島。
天気もよく、広島城もゆっくり見学しました。
朝早かったせいか、人も少ないうちにお参りできました。
画像

画像

双鯉の像
広島護国神社の本殿左右には鯉の像があります。
双鯉の像は二匹の鯉が 仲睦じく泳ぐさまえを表し
家内安全・夫婦円満・恋愛成熟の 意味が込められています。
画像

広島城
日本100名城の一つ。大坂城や岡山城らと共に
初期近世城郭の代表的なものである。
名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われる。
1598年に毛利輝元によって創建された大天守は、
1945年に倒壊するまで現存天守の中では岡山城天守に次ぐ
古式を伝えるもので、下見板張りや最上階に高欄を持つ外観の仕様は
国宝保存法下の国宝指定(1931年)の理由の一つとなった。
近代は軍都広島の中心施設であった。日清戦争時に、
本丸に大本営が置かれたという稀有な歴史を持っている。
アメリカ軍による広島市への原子爆弾投下の際には破壊目標地点となった。
画像


2014年1月5日(日)
熱田神宮
熱田神宮は名古屋に来てからは毎年必ず初詣に行きます。
第12代景行天皇の時代、日本武尊が東国平定の帰路に
尾張へ滞在した際に、尾張国造乎止与命(おとよのみこと)の娘、
宮簀媛命と結婚し、草薙剣を妃の手許へ留め置いた。
日本武尊が伊勢国能褒野(のぼの)で亡くなると、
宮簀媛命は熱田に社地を定め、剣を奉斎鎮守したのが始まりと言われる。
そのため、三種の神器のうち草薙剣は熱田に置かれているとされ、
伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えることとなった。
画像


2014年1月13日(月)
三光稲荷神社
「倍返しだ!」の決めゼリフとともに大ヒットした
TBSドラマ「半沢直樹」効果で“倍返し神社”と呼ばれる
愛知県犬山市にある「三光(さんこう)稲荷神社」が人気スポットになった。
境内の池で金を洗うと何倍にもなって返ってくるといわれ、
ドラマのヒットに伴い、観光客の注目度も急上昇中だそうです。
画像

看板お下に“半沢直樹”の名刺がついていました。
画像

とりあえず欲張らず小銭を洗っただけでした。
画像

犬山城
犬山城は豊臣秀吉が生まれた天文6年(1537)、
織田信長の叔父である織田信康によって創建された、
現存する日本最古の木造天守閣です。
国宝指定4城のうちの一つです。
画像

岐阜県に入りまずは名物の冷やしたぬきそばを食べに行きました。
麺とアゲを増量にしました。“更科”にて。
画像

金神社
金神社(こがねじんじゃ)は、岐阜県岐阜市にある神社である。
鎮座地は岐阜市の中心部に位置し、古くから金運、財運に利益があるとされる。
金守りをゲットしました。
画像

画像

伊奈波神社
景行天皇14年、武内宿禰が稲葉山北西の椿原(現在の岐阜公園内の丸山)に
五十瓊敷入彦命を祀ったのに始まるとされる。
壬申の乱の際に天武天皇が当社に戦勝を祈願したという。
天文8年(1539年)、斎藤道三が稲葉山に稲葉山城を築城するにあたり、
現在地に遷座した。
画像

岐阜城
岐阜城は、岐阜県岐阜市の金華山(稲葉山)にある山城跡。
織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、
新たに造営したものが岐阜城である。
画像

画像


伊奈波神社でおみくじを引き、今年3度目にして初の大吉でした。

プチ情報
岐阜城のある金華山の下は岐阜公園となっており、
ひっそりと板垣退助の銅像が建っていました。
岐阜は、板垣退助が暴漢に襲われてあの有名な
「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだとされる岐阜事件の場所だった。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック