ワカシャチ漫遊記「御前崎散策」2014年1月

2014年1月19日(日)
快晴のドライブ日和で御前崎までドライブしました。
名古屋IC⇒相良・牧之原IC経由で御前崎までの約2時間のドライブでした。
まずは海鮮ならぶ市場で買い物と、食事をしました。
マグロづくしの握り寿司を食べました。
「なぶら」とは、かつおの群れ(魚群)の意味だそうです。
画像

赤身でも十分美味しかった。
画像

画像


御前崎
御前崎(おまえざき)は、静岡県御前崎市御前崎に属し、東に駿河湾を、
南に遠州灘を望む岬です。
東へ突き出る形で伸びる岬で、遠州灘側は強い湾岸流により砂丘が続きます。
静岡県の最南端の岬でもあります。
御前崎は、昔から映画のロケ地としても有名です。
主な作品は
・喜びも悲しみも幾歳月
・菊次郎の夏
・ウォーターボーイズ(映画のみ)
・亡国のイージス(戦艦によるロケ地)
画像

1874年に現在の西洋式灯台となって、現在は一般に公開されている。
高さは17mで展望台からは富士山もよく見えました。
画像

画像

地球が丸くみえるん台
水平線が丸く見えます。
画像

画像

朝日や夕日の綺麗なロケーションが広がります。
画像

画像


浜岡原子力発電所
浜岡原子力発電所は、静岡県御前崎市にある
中部電力唯一の原子力発電所である。
1号機から5号機まで5つの発電設備があるが、
1号機と2号機は2009年1月に運転を終了した。
2011年5月6日、当時の菅直人内閣総理大臣が全原子炉の
運転停止を海江田万里経済産業大臣を通じて要請。
これに対して中部電力は、「現在運転中の4号機、5号機を停止する決定をした」
旨を発表した。
また当時、定期検査から停止したままであった3号機についても
「当面運転再開を見送る」と発表した。
現在稼働している原子力発電所はない。
浜岡原子力館
日本の電気の約30%を原子力発電が担っています。
浜岡原子力館では、「原子力発電のしくみ」や
「新エネルギー」について学べる展示コーナーや
ジャンボスクリーンのオムニマックスシアター(無料)などがあります。
画像

実物大の原子炉模型
画像

実物大の防波壁模型
画像

現在は、中部電力の三重の火力発電所から一旦電気を引き、
浜岡から送電しているそうです。
原子力発電の仕組みが学べ、いろいろ考えさせられます。

浜岡砂丘
遠州灘に広がる長大な浜岡砂丘は、
太平洋側最大級の砂丘地帯です。
天竜川から流出する土砂が沿岸潮流にのり、
「遠州の空っ風」と呼ばれる強い西風によって
内陸に運ばれて形成されたものです。
画像

風力発電の風車が並ぶ風景
画像

浜岡原子力発電所側の風景
画像

夕日が沈むまで待って夕日を撮りました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック