ワカシャチ漫遊記「乗鞍高原散策」2014年5月

2014年5月24日(土)
先週の開田高原に続き、今週は乗鞍高原を散策。
名古屋IC⇒松本IC⇒乗鞍高原。(約3時間半)
高速を降りてからは小一時間の距離で運転は楽でした。
乗鞍高原
乗鞍岳から東麓に流出した溶岩(主に番所溶岩)によって
形成された東西に細長い山麓高原で、
全域が長野県松本市安曇の大野川区に属しており、
西半部は中部山岳国立公園にかかる。
西端の最高所で約1800m、東端の最低所で約1100m
という標高があり、夏でも気候は冷涼である。
初夏の快晴で、とても気持ちの良い気候でした。
画像

まずは乗鞍観光センター駐車場(無料)に駐車し、自転車をレンタル。
お弁当を買い込み、散策を開始しました。
自転車で一の瀬園地周遊は自転車で回るのが効率的です。
画像

画像

一の瀬園地エリア
乗鞍岳を一望する一の瀬園地は、白樺や小梨、唐松の林や
草原に可憐な山野草が咲きます。
池をめぐる周遊コースはミズバショウの群生地となっています。
画像

まいめの池
ミズバショウの見頃は終わっていました。
天気が良かったのですが、少し風があり、
逆さ乗鞍岳は今ひとつといったところでした。
画像

サイクリングロードは舗装されて走りやすかったが、
案内板などわかりにくく、もう少しわかりやすくして欲しかった。
画像

一の瀬キャンプ場の先のミズバショウ群生地では、
まだまだミズバショウが咲いていました。
5月初めに熊が目撃された張り紙を見てびくびくしながら散策。
画像

一の瀬園地の散策後は自転車を返却し車&徒歩でめぐります。
牛留池エリア
休暇村に車を置き、牛留池を散策。
牛留池は、乗鞍高原を代表する池の一つで、
池の東側から眺めると、逆さ乗鞍岳が望めるスポットです。
画像

画像

たまたまこの時間帯で、日暈(ひがさ)現象という
太陽の周りに虹の輪ができる現象を見ました。
画像

この辺りのミズバショウは見頃でした。
画像

三本滝エリア
三筋の滝が集まって、豪快な水しぶきを上げる
三本滝は乗鞍を代表する滝です。
「滝までは、シラビソの原生林の中を歩き、起伏が激しく、
滑りやすい箇所もあるので注意!」と書かれていました。
まだまだ道には雪が残っており、見事に滑って転倒。
膝を強打し、負傷する。
これもまた良い思い出でした。
画像

しかし一歩間違えば滑落する危険な箇所もありました。
三本滝、小大野川、黒い沢、無名沢の3本の河川の合流地点の直近にあるため、
「三本滝」という名称通り、3本の滝が横に並んでいる。
日本の滝百選の1つで、乗鞍高原の最上部に位置し、
善五郎の滝、番所大滝と共に「乗鞍三滝」と称される。
画像

画像

マイナスイオンをたくさん浴びました。
しかし、膝を負傷したため、善五郎の滝と番所大滝は行けなかった。
滝の散策を諦め、白骨温泉と松本市内で食事。
白骨温泉
飛騨山脈(北アルプス)の、乗鞍岳、十石岳、霞沢岳の
麓に位置する山峡の温泉地である。
乳白色の湯として全国的に知られ、多くの旅行雑誌などに取り上げられている。
白骨温泉は、胃腸病に特に効果を持ち、「3日入れば3年風邪をひかない」
とも言われ伝わっています。
画像

画像

ワカシャチ満腹日記
松本城前の「そば庄」で信州そばを堪能。
名物 松本山賊焼きも美味でした。
画像

画像


乗鞍岳の風景その1(全景)
画像

乗鞍岳風景その2(鈴蘭橋付近)
画像

乗鞍岳の風景その3(白骨温泉付近)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック