ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第6弾 御在所・桑名・大垣散策」2014年11月

広島から義父母が遊びに来た。
近場で紅葉が見れるところへのリクエストだった。
天気が良ければ富士山にでも行こうと思ったが
あいにくの曇りだったので、先月末に訪れた
御在所へ朝一でかける。
画像

御在所の景色で私は見晴台からの景色が一番好きです。
画像

画像

画像

画像

帰りのロープウエイから。
今日は鎌ヶ岳も良く見えました。
画像

画像

画像

画像

昼までに御在所見学を終え、桑名にお昼を食べに行きました。
九華公園
九華公園は桑名城跡を公園として整備したもので、
園内では桑名城ゆかりの様々な遺構を見ることができる。
堀は公園全体の約6割を占め、水が張られている。
堀上には多数の橋が架けられている。
画像

画像

画像

画像

本田忠勝像
本多 忠勝(ほんだ ただかつ)は、戦国時代から
江戸時代前期にかけての武将・大名。徳川氏の家臣。
上総大多喜藩初代藩主、伊勢桑名藩初代藩主。
画像

七里の渡し
七里の渡し(しちりのわたし)は東海道五十三次で知られる
宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海上の渡しで、
かつての官道。
この渡しの宮宿側、または、桑名宿側の渡船場のみを指して
「七里の渡し」と呼ぶことも多い。
画像

歌行燈
桑名名物、ハマグリを食べに訪れました。
故事
【読み】 そのてはくわなのやきはまぐり
【意味】 その手は桑名の焼き蛤とは、うまいことを言ってもだまされない。
      その手は食わないというしゃれ。
画像

画像

画像

岐阜県 大垣城へ
大垣城
大垣城は、岐阜県大垣市郭町にあった日本の城(平城)。
麋城(びじょう)または巨鹿城(きょろくじょう)とも呼ばれる。
1873年(明治6年)に発布された廃城令により廃城となったが、
天守など一部の建物は破却を免れ、1936年(昭和11年)に天守等が
国宝(旧国宝)に指定された。
しかし1945年(昭和20年)7月29日の大垣空襲により
天守や艮櫓などが焼失した。
画像

おあむの松
関ヶ原合戦の際、西軍に属していた大垣城から
脱出し、この戦いの様子を語り継いだ女性、おあむ(おあん)は、
城からの脱出の際、この松から堀の「たらい」へ
乗り移ったと言われている。
画像

このおあむが見てきた大垣城籠城戦の様子は
「おあむ物語」として後世に伝えられた。
現在、期間限定で「水の都おおがきたらい舟」の
イベントが行われていた。
画像

また奥の細道むすびの地記念館では
「おおがき芭蕉誕生370年祭」が開かれている。
画像


大垣市は歴史の好きな人には魅力的な街です。

大垣名物、金蝶園総本家に水まんじゅうを買いに行きましたが、
水まんじゅうは夏限定だそうです。
この時期に購入はできなかった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック