ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第7弾 高遠・駒ヶ根と犬山城」2014年11月

2014年11月23日(日)24日(月)
今週は私の両親が遊びに来ました。
長野県の駒ヶ根に一泊の予定で出かけました。

高遠城址公園(たかとおじょうしこうえん)
長野県伊那市高遠町東高遠にある城、高遠城を中心に整備された公園。
高遠城は戦国時代、武田信玄の家臣であった山本勘助が
縄張りした堅城で城主は武田氏一族が務めた。
城は南アルプスの裾野にあり、春になるとこの地にしか咲かない
1,500本のコヒガンザクラ(サクラの一種)が咲き乱れ、
城は赤みを帯びた鮮やかな桜色に包まれる。
画像
画像

もう少し早い時期だと、紅葉もきれいだったと思う。

高遠町歴史博物館
高遠の歴史と暮らしに関する文化財を展示する博物館。
1階の歴史コーナーでは高遠城の模型や明珍[みょうちん]の兜、
高遠藩主・内藤家の甲冑などを見ることができる。
画像

絵島の囲い込み屋敷
江戸時代、大奥で起こった絵島事件により、
絵島は1774(正徳4)年(江戸時代前期)に、ここ高遠に流された。
33歳から亡くなる61歳まで、この囲み屋敷に幽閉された。
絵島は旧高遠町の蓮華寺に葬られた。
この囲み屋敷は残存した原図により、
ほぼ同じ位置に1967(昭和42)年に復元された。
画像


お昼は、高遠駅前の壱刻(IKKOKU)で高遠そばを食べる。
画像

画像


今日の宿泊場所は「駒ヶ根高原リゾートリンクス」
中央アルプスの山麓に広がる駒ヶ根高原にあります。
画像

リゾートホテルでの食事は大満足でした。
画像

ホテルの前には中央アルプスを映し込む駒ヶ池があり、
ここからのロケーションは最高でした。
風もなく、中央アルプスが綺麗に映り込んでいました。
画像

画像

画像


2日目は早太郎伝説と光苔の寺「光前寺」へ行きました。
光前寺
長野県駒ヶ根市にある天台宗宝積山(ほうしゃくさん)光前寺(こうぜんじ)は、
不動明王をご本尊として貞観二年(860)本聖上人により
開基されました。
霊犬早太郎説話でも知られている。
画像

霊犬早太郎説話
今よりおよそ七百年程前に、光前寺には早太郎という
大変強い山犬が飼われていました。
社僧一実坊弁存は、人身御供として供えられた子女を救おうと、
神仏に祈願して祭りの様子を探り、子女をさらう怪物が
信州の早太郎を恐れていることを知る。
弁存は光前寺から早太郎を借り、子女の身代わりになった
早太郎の力によって怪物を退治し、災難は除かれた。
以来、早太郎こそが不動明王の化身であり、災難除、厄除の
霊犬なりとして広く信仰を集めた。
画像

光前寺は光る苔も有名ですが、この時期は光らないとのことでした。
画像


時間に少し余裕があったため、犬山城を訪れました。
秋の犬山城も人気があります。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック