ワカシャチ漫遊記「静岡世界遺産と国宝」2015年10月

2015年10月31日(土)
静岡エリア(世界遺産と国宝)を散策しました。
富士山は定番の田貫湖、本栖湖から拝みました。
まずは紅葉を求めて白糸の滝へ。
白糸の滝
白糸の滝は、静岡県富士宮市上井出にある滝。
音止めの滝と共に、著名な観光地の1つ。
日本の滝百選にも選ばれている国の名勝、天然記念物。
「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として
世界文化遺産に登録されている。
ちょうど日が射し、虹が出ていました。
画像

音止めの滝
画像

白糸の滝から見える富士
画像

田貫湖
恒例の田貫湖からの富士。
2015年は10月11日に初冠雪を記録したにもかかわらず、
今日の富士は、雪がなかった。
折角、良い条件が重なったと思ったが残念。
湖も少し波打って逆さ富士は拝めなかった。
田貫湖(たぬきこ)は、静岡県富士宮市にある湖。
断層活動により隆起した古富士泥流の窪地を
拡大させて形成された人造湖で、
富士山の西麓・朝霧高原の一角に位置する。
画像

紅葉も少し早かった。
画像

本栖湖
本栖湖(もとすこ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町
及び南巨摩郡身延町に跨いで存在する湖。
富士五湖の一つで、五湖の最西端に位置し
富士五湖の中で最大となる121.6mの水深がある。
千円紙幣E号券、五千円紙幣D号券の裏面に
描かれる逆さ富士のモデルとして有名である。
画像

千円札の風景
画像

静岡市東海道広重美術館
平成6年、東海道の宿場町「由比宿」の本陣跡地である、
由比本陣公園内に開館した東海道広重美術館。
江戸時代の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)の名を冠した、
日本で最初の美術館。
画像

国宝 久能山東照宮
久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)は、
日本の静岡市駿河区根古屋に所在する神社で、
晩年を駿府で過ごした徳川家康が
元和2年(1616年)に死去した後、
遺命によってこの地に埋葬された。
江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、
社殿を始めとした諸建造物の漆塗り替えが行われており、
2010年(平成22年)12月に、本殿、石の間、拝殿が
国宝に指定された。
2015年(平成27年)には鎮座400年を迎えた。
画像

画像

今回は日本平よりロープウエイで東照宮へ行く。
神廟(家康公のお墓所)は工事中。
日本平からの富士山。
画像

ロープウエイ
画像

神廟
画像

三保の松原
三保の松原は、静岡県静岡市清水区の三保半島にある景勝地。
その美しさから日本新三景、日本三大松原のひとつとされ、
国の名勝に指定されている。
また、ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の
構成資産に登録されている。
すでに日が暮れてしまい、絶景は見れなかった。
画像

画像

本日のランチ
広重美術館近くの井筒屋で桜エビ。
由比の桜エビはいつもこの店です。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック