ワカシャチ漫遊記「秋の蓼科~諏訪~木曽路散策」2015年11月 VOL.1

2015年11月1日
1泊2日で蓼科~木曽を散策しました。
途中、紅葉狩りをしに箕輪ダムに寄り道。
伊北ICで下車。
箕輪ダム
箕輪ダム(みのわダム)は、長野県上伊那郡箕輪町、
一級河川・天竜川水系沢川に建設されたダム。
高さ72メートルの重力式コンクリートダムです。
ダム湖(人造湖)の名は“もみじ湖”と言われるのが
納得の紅葉の多さでした。
画像

画像

画像

尖石縄文考古館
美的感覚の優れた国宝「土偶」(縄文のビーナス)を中心に、
たくましい力動感あふれる豪壮な土器や黒曜石で作られた
精巧な石器など2000点余りの縄文時代の遺物を展示しています。
2体の国宝「土偶」(縄文のビーナス、仮面の女神)は、
現在2体とも展示中でした。
国宝 「土偶」(縄文のビーナス)
環状集落の中央広場の小さな穴の中に横たわっていました。
大形完形の妊娠土偶です。
わが国最古の国宝です。(写真右側)
画像

蓼科湖
蓼科湖(たてしなこ)は、長野県茅野市北山にある湖で、灌漑用のため池。
蓼科では昼食に蓼科蕎麦を食べ、湖の周りを散策。
画像

画像

画像

画像

聖光寺
蓼科山聖光寺は交通安全、一路安穏を専一に祈祷する
道場として、昭和45年7月トヨタ自動車販売会社役員一同の
発願により、山紫水明、山嶺神宿の地、蓼科の郷に創建された寺。
新車のホンダ車で参拝しました。
画像

無藝荘
無藝荘(むげいそう) は、小津安二郎が昭和30年頃から
蓼科の別荘として利用していたかや葺き屋根の建物です。
2003年に、小津の生誕100年を記念し、建物の保全の為、
数100メートルはなれた現在の場所へと移築されました。
小津は 東京物語 をとり終えた頃、蓼科にあった、脚本家、
野田高悟の別荘、雲呼荘 を訪れ、それ以降、仕事場を蓼科に移し、
没するまでの 7作品すべてのシナリオがここで書かれたという事です。
画像

蓼科アミューズメント水族館
蓼科アミューズメント水族館は、長野県茅野市にある
日本一標高の高い水族館。
1993年に開業。標高1750mの蓼科高原に位置し、
内陸県である長野県にあるため、
世界各国の淡水魚が数千匹飼育されている。
画像

駐車場からの景色が最高でした。
画像

ビーナスライン 女の神展望台
ビーナスライン途中にある絶景展望台。
八ヶ岳~南アルプスの眺めが凄い。
画像
画像

ビーナスライン 白樺高原夕陽の丘
ビーナスライン途中にある絶景展望台。
信州のサンセットポイント百選。
画像

本日の宿泊
ホテルアンビエント蓼科
神秘的な湖(女神湖)に佇む、蓼科の高原のリゾートホテル。
画像

女神湖
女神湖は、長野県北佐久郡立科町にある湖。
農業用に建設された人造湖・赤沼温水溜池の別名。
八ヶ岳中信高原国定公園。
画像

紅葉もさることながら、国宝の土偶、縄文のビーナスを
見れたことが一番の感動でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック