ワカシャチ漫遊記「琵琶湖周遊」2015年11月 VOL.2

2015年11月29日(日)
琵琶湖周遊2日目。
今日は琵琶湖の西岸を北上しマキノ高原へ。
その後、東岸を南下し彦根城までのルートです。
浮見堂
近江八景の一つの「堅田の落雁」で知られる堅田の浮御堂は、
びわ湖の最狭部を東西に渡る琵琶湖大橋の南に位置し、
京都の大徳寺に属する臨済宗の禅寺、海門山満月寺のお堂で、
湖に伸びる橋の先に建つ宝形造の仏殿です。
画像

画像

白鬚神社
白鬚神社(しらひげじんじゃ)は、滋賀県高島市鵜川にある神社。
全国にある白鬚神社の総本社とされる。
沖島を背景として琵琶湖畔に鳥居を浮かべることから、
「近江の厳島」とも称される。
画像

画像

マキノ高原メタセコイア並木
マキノピックランドを縦貫する町道沢牧野線と
同様に続く県道小荒路牧野沢線には、延長2.4kmにわたって
メタセコイアが約500本植えられ、マキノ高原への
アプローチ道として、高原らしい景観を形成しています。
画像

画像

もう少し紅葉が進んで茶色になればきれいになるはず。
彦根城
彦根城は、日本の滋賀県彦根市金亀町にある日本の城である。
江戸時代および1869年(明治2年)の版籍奉還後から
1871年(明治4年)の廃藩置県まで彦根藩の役所が置かれた。
天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は国の特別史跡かつ
琵琶湖国定公園第1種特別地域である。
画像

画像

画像

お城の紅葉は見ごろでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック