ワカシャチ漫遊記「浜松散策」2016年2月

2016年2月21日(日)
先週延長開通した、新東名高速道路を走りに、
浜松までドライブ。
豊田JCTから新東名に乗ることができるようになりました。
SAに寄ろうとしましたが、渋滞ができており、スルー。
浜松へ。
浜松市は、遠州地方(静岡県西部)の西部(西遠)にある
政令指定都市です。
戦国時代には浜松城の城下町、
江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。
徳川家康が築いた浜松城は、
天下統一への足がかりとなった「出世城」です。
昨年2015年は、徳川家康公が薨去されて四百年の節目の年で、
家康公ゆかりの地が連携し、「家康公四百年祭」が開催されました。
浜松は、名古屋からは約1時間。見どころの多い街です。
今回は、これから盛り上がりを見せるであろう場所2か所訪れました。
龍潭寺
龍潭寺(りょうたんじ)は、静岡県浜松市北区にある
臨済宗妙心寺派の寺院。山号は万松山。本尊は虚空蔵菩薩。
平安時代から井伊氏の菩提寺であったとされる。
元中年間(1384年 - 1392年)、宗良親王(後醍醐天皇の皇子)が
この寺を中興したともいう。
戦国時代の永禄3年(1560年)に戦死した井伊直盛がこの寺に葬られると、
直盛の法号から龍潭寺と改められた。
関ヶ原の戦いの戦勝にともない、井伊氏が近江国に転封となってからも
井伊氏の外護を受け、江戸幕府からも朱印状を与えられた。
本堂
画像

龍潭寺庭園
龍潭寺の庭園は本堂の裏にある。
本堂の縁から眺めると、池泉は左右に細長くのび、
池の後に築山がひろがる。
池は心の字を形どった「心字池」。
池には蓬莱岩島や鶴出島もあり、石組に枯山水の手法がみられる。
江戸時代に小堀遠州流の作庭がされたと伝えられる。国指定の名勝。
画像

井伊 直虎(いい なおとら)
井伊直虎は戦国時代の女性領主。
遠江井伊谷(静岡県浜松市北区(旧・引佐郡)引佐町)の国人
井伊氏の当主を務め、井伊谷徳政令など内政手腕に優れ「女地頭」と呼ばれた。
井伊直親と婚約したが、生涯未婚であった。
井伊直政のはとこであり養母。
先日、NHKが2017年の大河ドラマの概要を発表した。
「おんな城主 直虎」というタイトルで、柴咲コウが、
戦国時代の女性領主「井伊直虎」を演じる。
町を挙げて宣伝していました。
「真田丸」の次は遠州が舞台となります。
画像

画像

龍の彫刻(伝左甚五郎作)
江戸時代中期 仏殿に使用された蛙股の彫り物。
画像

井伊家霊家
井伊家一千年の歴史を祀る霊屋は、臨済禅中興の祖と崇められる
原の白隠禅師が落慶供養の導師をつとめたと記録されている。
堂内には元祖共保公、二十二代直盛公、二十四代直政公の
木像を安置する。
幕末の大老井伊直弼公の位牌もお祀りされている。
画像

春華堂うなぎパイファクトリー
有限会社春華堂(しゅんかどう)は、静岡県浜松市中区にある
菓子製造会社で、静岡を代表するお菓子であるうなぎパイの
発売元で知られる。
地元ではうなぎパイ以外にも和菓子・洋菓子も取り扱う
老舗菓子店としても知られています。
画像

入り口で、自由見学(無料)を申し込み、工場見学へ。
お土産で、うなぎパイ1ついただきました。
画像

画像

UNAGI PIE CAFE
リニューアルオープンしたカフェで、うなぎパイを使った
創作スイーツは、GOODです。
ここのCAFEでしか味わえないオリジナルメニューです。
画像

画像

このカフェの照明の周りにはうなぎパイが!
画像

最後に
平成28年度前期NHK朝の連続テレビ小説 『とと姉ちゃん』も、
ここ遠州が舞台となります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック