ワカシャチ漫遊記「滋賀県 古城跡散策」2016年5月 VOL.1

2016年5月22日(日)
滋賀県の古城跡を訪れました。
名古屋より1時間と少し走り、彦根ICからすぐ。
佐和山城跡を訪れました。
佐和山城
佐和山城跡は彦根駅の北側、佐和山(232.5m)にある城跡です。
不破(ふわ)の関があった関ケ原(せきがはら)に近く、交通の要衝でした。
近江守護佐々木氏によって築城され、天正18年(1590)
石田三成が、佐和山城主となってから、5層の天守を構え、
鳥居本(とりいもと)を大手とする立派な城だったといわれます。
三成が関ケ原の戦いで破れた後、井伊直政(なおまさ)が
新しい城主になりましたが、彦根城築城にともない廃城になりました。
画像

龍潭寺駐車場より散策開始。
石田三成像がお出迎え。
画像

途中龍潭寺へ。
龍潭寺
井伊氏の始祖、藤原共保(ともやす)以来の井伊家の菩提寺で、
奈良時代行基によって遠江国(現静岡県)井伊谷に開基された、
臨済宗妙心寺派の寺院です。
井伊直政が佐和山城主になったのを機に、
昊天(こうてん)が佐和山(232.5m)山麓に移築しました。
近郊に多くの末寺をかかえ、学僧が学ぶ大道場でした。
寺院裏山の墓地には、彦根御前とうたわれた井伊直弼の母の墓や、
また、藍渓和尚伝来の七福神も拝観できます.
画像

画像

方丈南庭は、「ふだらくの庭」と呼ばれ、白砂に48個の石を配した石庭です。
画像

10:15 佐和山城へむけ出発。
画像

10:25 西の丸到着
古絵図には、西の丸に南北方向に3段の曲輪が描かれ、
上段には「焔硝櫓」下段には「塩櫓」と記しています。
画像

10:35 本丸跡到着
佐和山の山頂、標高232.9mの位置に本丸が設けられていた。
山頂からは眼下に彦根城がよく見えます。
画像

画像

多賀大社
多賀神社は、イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊弉冉尊)を祀る神社。
全国に二百数十社ある。総本社は、滋賀県犬上郡多賀町にある多賀大社。
イザナギ・イザナミは日本神話の最初に出てくる神である。
画像

画像

伊藤忠兵衛記念館
現在の大手商社伊藤忠(いとうちゅう)・丸紅(まるべに)の創始者で
近江商人の筆頭としてあげられる伊藤忠兵衛(いとうちゅうべえ)
(1842-1903)が住んでいた屋敷を記念館として開放しています。
入場は無料です。
画像

午後の部へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック