ワカシャチ漫遊記第2章「別子銅山跡散策・四国88ヶ所巡り2日目」2017年3月

2017年3月19日(日)
今日は別子銅山跡を訪ねました。
午前中は途中にあるお寺を巡礼しました。
“四国88ヶ所巡礼”
四国霊場60番札所 横峰寺
横峰寺(よこみねじ)は、愛媛県西条市小松町にある真言宗御室派の寺院。
本尊は大日如来。
西日本の最高峰・石鎚山(標高1982m)は、山岳信仰の霊地であり、
修験道の道場でもある。弘法大師・空海が24歳の若いときの
著書『三教指帰』の中で「或時は石峯に跨って粮を絶ち(断食)轗軻(苦行練行)たり」と、
この山で修行した様子を記している。
境内は山の北側中腹(750m)にある。四国霊場のうちでは3番目の高地にあり、
「遍路ころがし」の最難所であった。
現在は境内から500m離れた林道の駐車場まで車で行き参拝できる。
(有料道路:駐車場代込みで普通車1,850円)
画像

四国霊場61番札所 香園寺
香園寺(こうおんじ)は、愛媛県西条市にある真言宗系の単立寺院(元御室派の寺院)。
本尊は大日如来。子安大師の寺として親しまれている。
聖徳太子が用明天皇の病気平癒のために創建した寺。
コンクリート造りの大きな大聖堂は圧巻。
画像

四国霊場62番札所 宝寿寺
宝寿寺(ほうじゅじ)は、愛媛県西条市小松町にある高野山真言宗の寺院。
本尊は十一面観世音菩薩。
安産祈願の仏様として人気の高いお寺。
画像

四国霊場63番札所 吉祥寺
吉祥寺(きちじょうじ)は、愛媛県西条市にある真言宗東寺派の寺院である。
本尊は毘沙門天。
毘沙門天を本尊とするのは、四国八十八箇所ではここだけです。
境内に直径30cmほどの穴が空いた成就石があり、本堂の前から
目を閉じて願いを念じながら石に近づき、杖が石の穴を通れば
願いがかなうらしい。
画像

成就石
画像

四国霊場64番札所 前神寺
前神寺(まえがみじ)は、愛媛県西条市州之内にある真言宗石鈇派総本山の寺院。
本尊は阿弥陀如来。
石鉄神社とともに霊峰・石鎚山を守る古刹。
画像

御滝不動尊
1円玉を投げて岩肌に張り付くと、ご利益があるらしい。
画像

午前中に巡礼を済ませ、別子銅山跡へ。
別子銅山
別子銅山(べっしどうざん)は、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山です。
1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに
約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。
一貫して住友家が経営し、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となった。
マイントピア別子
マイントピア別子(マイントピアべっし)は、愛媛県新居浜市の
産業基盤の礎となった別子銅山の施設跡などを利用したテーマパークで、
道の駅マイントピア別子を併設しています。
最後の採鉱本部が置かれていた端出場(はでば)地区を開発した端出場ゾーンと、
最盛期の拠点であった東平(とうなる)地区を開発した東平ゾーンがあります。
マイントピア本館は端出場地区の中心の建物です。
画像

早速ランチを食べました。名物の「マチュピチュカレー」。
画像

端出場地区ではトロッコ列車に乗って(約5分)観光坑道まで行き
全長約333mの炭鉱跡を散策できます。
画像

途中の鉄橋はなかなか良いです。
画像

画像

東洋のマチュピチュと呼ばれる東平ゾーンへ車で移動。
約30分かけて細い山道を登っていきます。
かなり離合は厳しいので注意が必要です。
東平
新居浜の深い山中に現存する別子銅山の産業遺産群
最盛期には多くの人々が暮らす大変賑わった町であったが、
別子銅山の閉山に伴い、その跡だけが残されることとなった。
近年では、石垣やレンガで造られた建物のイメージと、
高所にあることからその姿が『東洋のマチュピチュ』と呼ばれ、
多くの観光客を集めている。
また標高750m前後のこの場所からは、天気の良い日には
新居浜市街と遠く瀬戸内海を見渡せる絶景地でもある。
全景
画像

索道停車場跡
東平と端出場(黒石)を結ぶ主要輸送機関でした。
画像

東平貯鉱庫跡
重厚な花崗岩造りの貯鉱庫。
画像

旧東平第三変電所跡
明治37年(1904)年に完成した赤レンガ造りの第三変電所。
画像

旧東平火薬庫
アーチ形の旧火薬庫入り口。
斜めになっているのは、不測の事態が生じても、爆風が
人や施設に影響を及ぼさないように工夫されている。
画像

第三通洞
第三通洞は標高747mの東平坑口から8番坑道準の東延斜坑底を結ぶ1,795m、
幅3.35m、高さ3.73mの主要運搬坑道。
画像

東平歴史資料館
かつて、日本三大銅山として栄えた別子銅山・東平(とうなる)ゾーンにある資料館。
館内には、往時の町並みや学校の様子をリアルに
再現したジオラマが展示されているほか、
周囲には実際に使用されていた坑道やレンガ造りの
鉱山遺構が多く残されており、「東洋のマチュピチュ」の歴史について
分かりやすく学ぶことができる。
※日本三大銅山は、別子銅山と栃木の足尾銅山、茨木の日立銅山です。
画像

見応えのあるテーマパークでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック