ワカシャチ漫遊記第2章「讃岐旅」2017年4月VOL.1

2017年4月30日(日)・5月1日(月)の1泊2日で香川県に行ってきました。
今回の旅は、愛媛県最後の札所を訪ねることと
香川県の札所巡りをスタートさせます。
またうどんを食べることも目的のひとつです。
4月30日(日)
7:15 出発 GWが始まったが高速は混雑なし
松山IC~三島川之江ICまで約1時間。
愛媛県最後の札所三角寺を訪れました。
“四国88ヶ所巡礼”
四国霊場65番札所 三角寺
三角寺は愛媛県四国中央市金田町三角寺にある
高野山真言宗の寺院。
由霊山(ゆれいざん)、慈尊院(じそんいん)と号す。
本尊は十一面観世音。伊予国最後の札所です。
画像

画像

いよいよ香川県に入ります。
2日間・79番札所まで13札所を巡ります。
“四国88ヶ所巡礼”
四国霊場66番札所 雲辺寺
雲辺寺(うんぺんじ)は、徳島県三好市池田町白地ノロウチの
雲辺寺山山頂近くに位置する真言宗御室派の寺院で、
巨鼇山(きょごうざん)千手院(せんじゅいん)と号し、
本尊は千手観世音菩薩である。
所在地は徳島県(阿波)であるが、四国八十八箇所霊場としては
讃岐の札所として扱われ第六十六番で、
八十八箇所中で最も標高が高い札所です。
画像

おたのみなす
本堂脇にあるナスの椅子が「おたのみなす」です。
あだ花のないナスと「成す」にかけた願掛けの椅子です。
画像

“四国88ヶ所巡礼”
四国霊場67番札所 大興寺
うどん接待が有名です。
画像

四国霊場68番札所 神恵院
69番目の観音寺と同じ境内にある珍しいつくりのお寺。
画像

四国霊場69番札所 観音寺
回遊式庭園「巍々園」(ぎぎえん)のつつじは満開までまだまだ。
画像

画像

画像

銭形砂絵
銭形砂絵(ぜにがたすなえ)は、香川県観音寺市にある
寛永通宝を模した巨大な砂絵です。
縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの楕円形をしており、
琴弾公園山頂の展望台からみると真円に見える。
もう少しくっきり(濃く)見えると綺麗だった。
砂浜に人が写っていますが砂絵の大きさがわかります。
画像

ズームしてみました。
画像

近づいてみました。
画像

世界のコイン館・大平正芳記念館
世界最大の砂の芸術「寛永通宝」で有名な
琴弾公園に隣接した「世界のコイン館」には、
日本の貨幣や世界のコインが約2000点展示されている。
また、2階は地元観音寺市出身の第68-69代 内閣総理大臣
大平正芳さんの遺品などを展示する記念館があります。
画像

本日のランチ
しょうゆうどんの発祥の店「小縣家」
大根を自分ですりおろし甘みのある生醤油をかけて食べます。
画像

画像

大根にちなんだユニークメニューの牛根うどん。
画像

PM:こんぴらさん~ VOL.2へ続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック