ワカシャチ漫遊記第2章「讃岐旅」2017年5月VOL.3

2017年5月1日(月)
本日は、丸亀市・善通寺市周辺を散策しました。
丸亀城
丸亀城は讃岐国、現在の香川県丸亀市にあった日本の城である。
丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、
縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、
渦郭式の平山城である。
石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと
端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう
独特の反りを持たせる「扇の勾配」となっている。
山麓から山頂まで4重に重ねられ、合わせると60メートルになり、
総高としては日本一高く、三の丸石垣だけで
一番高い部分は22メートルある。
誤解されやすいが、あくまで総高としての日本一であり、
単体としての日本一高い石垣は大坂城で、僅差で上野城が続いている。
画像

画像

画像

画像

乃木館
陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館は香川県善通寺市
陸上自衛隊善通寺駐屯地第3営舎地区(第3キャンプ)にある博物館。
資料館は明治31年(1898年)に軍の師団司令部として竣工した
西洋建築で初代師団長乃木希典に因み乃木館という通称があり、
平成18年(2006年)から館内および旧陸軍関係の資料が
一般公開されるようになり、陸上自衛隊の資料も合わせて展示され、
善通寺駐屯地の広報館としても使われている。
画像

画像

乃木記念室
この部屋は、乃木師団長以下歴代の師団長が
実際に執務をしていた部屋です。
中央の机と椅子2脚は歴代の師団長が実際に使われていたものです。
画像

部屋の四隅には、「天皇陛下の下で恥ずかしくない執務を執り行いたい」
という野木将軍の思いから、天皇家のご家紋である菊の花を
デザインしたものが取り付けられています。
画像

敷地内には陸上自衛隊の戦車や戦闘機、ヘリコプターなど、
用途廃止された装備品が屋外展示されている。
画像

本日のランチ
釜揚げうどん長田in香の香
熱々のうどん、もっちりとした触感のうどんでした。
熱々でも讃岐うどんらしい弾力があるのが特徴です。
このお店独特 の大徳利に入った美味しいダシも人気の理由です。
この徳利は熱いので注ぐのに苦労しました。コツがいります!
画像

画像

画像

画像

VOL.4へ続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック