ワカシャチ漫遊記第2章「高知 安芸・室戸散策」2018年9月VOL.2

2018年9月23日(日)/
2日目はホテル近くの北川村モネの庭マルモッタンよりスタートです。
北川村モネの庭マルモッタン
北川村モネの庭マルモッタンは、高知県安芸郡北川村野友に在る庭園。
印象派を代表するフランスの画家であるクロード・モネが、
1883年以降暮らしたジヴェルニーの「モネの庭」を北川村の
自然を生かして再現したもので、2000年4月19日に開園した。
画像

青い睡蓮
モネが描いたのは温帯性睡蓮です。
モネが咲かそうとしたけれどもフランスでは気候が合わず
咲かせることができなかったのが熱帯性睡蓮(青)です。
画像
画像

浜口雄幸邸
元内閣総理大臣浜口雄幸の屋敷。
宏大な屋敷に質素な建物、簡素な庭園等旧郷士の代表的建物といえます。
邸前には「なすことの いまだ終わらず 春を待つ」の雄幸直筆の碑と
県民政党支部が制作し、元郵政大臣大西正男氏から寄贈を 受けた
胸像が建っています。
画像

岡御殿
岡家は米屋と号し、豪商田野五人衆の随一で、
祖先岡氏は泉州から山内候に従って田野に来たと伝えられています。
岡家は特独礼の格式でたびたび藩に御用銀を調達していました。
藩主の宿泊所として建てられたこの書院造りの建物は天保時代に建て替えられ、
上段の間に近侍の間が並び、その外に一間の次の間が廻って、
その外側に三尺の廻廊と切縁があります。
そして溜りの間、便所、湯殿やその家具に至るまで完全に保存されており、
当時の建築様式がそのまま残されている貴重な建造物です。
画像

中岡慎太郎館
中岡慎太郎館は、幕末の志士、中岡慎太郎に関する資料等について
開示すべく、高知県安芸郡北川村が建設し、運営する公営施設。
画像

画像

中岡慎太郎生家
龍馬とともに京都近江屋で暗殺された慎太郎は、
大庄屋の子として生まれ、のち間崎滄浪の塾で学び、
土佐勤王党に参加。
昭和42年に発見された中岡家の見取り図をもとにして生家が復元されている。
画像

神峯寺(こうのみねじ)
神峯寺は、高知県安芸郡安田町唐浜にある真言宗豊山派の寺院。
竹林山(ちくりんざん)地蔵院(じぞういん)と号し、本尊は十一面観音。
四国八十八箇所霊場の第二十七番札所。
画像

伊尾木洞(いおきどう)
伊尾木洞は、300万年前の地層が隆起し、波による浸食で生まれた洞窟です。
洞窟を抜けた先には、シダに覆われた渓谷が400メートルにわたり続いていて、
この世のものとは思えない神秘的な空間になっています。
伊尾木洞のシダの群生は、その多様性から国の天然記念物にも
指定されるほどで、伊尾木洞ならではの独特の雰囲気を創り出しています。
画像

野良時計
野良時計は、高知県安芸市にある時計台で、明治時代に作製され、
その地の地主宅に据えられた。
安芸平野のほぼ中央に位置し田園風景にたたずむ姿は
安芸市の観光名所の一つとなっている。
画像

岩崎弥太郎生家
安芸市内より約3㎞。郊外の住宅地、井ノ口一ノ宮に弥太郎生家が
修復保存されています。
岩崎弥太郎生家の西側と後方にある土蔵の鬼瓦に「三階菱」の
岩崎家の紋がつけられていて、現在の三菱のマークの原型といわれています。
また、弥太郎生家の座敷より庭園を眺めると、小さな庭園に石組が
配置されています。
これは少年時代の岩崎弥太郎が天下雄飛の夢を託して、
日本列島を模して自分で作ったものだといわれています。
画像

画像

安芸城跡と武家屋敷
安芸城(あきじょう)は、高知県安芸市土居に存在した日本の城(平山城)。
江戸時代には土佐藩山内家家老の五藤氏が居住し
安芸(安喜)土居として存続した。
現在、城跡に安芸市立の歴史民族資料館と書道美術館がある。
画像

土居廓中(どいかちゅう)
安芸市土居地区に残る武家屋敷が並ぶまち並みのことで、
古い伝統的な屋敷が安芸城跡を囲んで直線状的に並び、
今もなお江戸の雰囲気を味わうことができる貴重な文化財です。
画像

お龍と君枝像
菅野覚兵衛は、龍馬やお龍のすすめで、お龍の妹君枝と結婚し、
君枝もしばらくこの地(芸西村和食)に住んだ。
龍馬を失ったお龍は、明治元(1868)年3月、
高知城下の坂本家に身を寄せるが、後、
芸西村の覚兵衛の兄富之助の所に滞在したことがある。
画像

大日寺
大日寺は、高知県香南市にある真言宗智山派の寺院。
法界山(ほうかいさん)、高照院(こうしょういん)と号す。
本尊は金剛界大日如来。四国八十八箇所霊場の第二十八番札所。
最後の訪問地の龍河洞に近い場所にあります。
画像

龍河洞
龍河洞は、高知県東部の香美市に存在する鍾乳洞で、
日本三大鍾乳洞の1つに数えられる。
1934年に日本政府によって、国の天然記念物および国の史跡に指定された。
画像

画像

画像

画像

約1km洞窟の中を歩くがかなり狭い場所や水が落ちてくる場所もある。
夏でも洞窟内は20度近くでとても涼しい。
身近に鍾乳石を見ることができます。
本日の夕食
餃子の安兵衛で、じゃこ飯と餃子(焼餃子・水餃子)を食べる。
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック