ワカシャチ漫遊記第2章「霊峰石鎚山」2018年10月

2018年10月20日(土)
ようやく、気温が下がり、秋晴れの日が多くなってきました。
紅葉狩り第一弾は、霊峰石鎚山に行きました。
石鎚山
石鎚山(いしづちさん)は、四国山地西部に位置する標高1,982mの山で、
近畿以西の西日本最高峰です。
愛媛県西条市と久万高原町の境界に位置し、
山岳信仰(修験道)の山として知られています。
日本百名山、日本百景の1つであり、日本七霊山のひとつとされ、
霊峰石鎚山とも呼ばれる。
正確には、最高峰に位置する
天狗岳(てんぐだけ、標高1,982m)
石鎚神社山頂社のある弥山(みせん、標高1,974m)
南尖峰(なんせんぽう、標高1,982m)の一連の総体山を石鎚山と呼ぶ。
石鎚山脈の中心的な山であり、石鎚国定公園に指定されている。
雲に覆われている時間が長かったが、時々姿を現しました。
画像

松山より小松経由で石鎚山ロープウエイ下谷駅に向かいます。
高速を使い65km、1時間15分の道のりです。
駐車場(700円)に入れてロープウエイ乗り場へ。
石鎚山ロープウエイ
西条市から石鎚山への登山ルートにあるロープウェイ。
標高455mの山麓下谷駅から標高1300mの山頂成就駅まで、
所要時間約8分、一気に登っていきます。
往復料金は1950円/大人1人
画像

画像

山頂成就駅の気温は10℃、温度差は5℃。
吐く息は白く、空気は冷たい。
画像

画像

更にスキーリフトに乗り換え展望台(1414m)へ向かいます。
往復500円/大人1人
画像

画像

展望台からの風景
360℃の眺望で目の前には石鎚山が。
画像

少しガスっていましたが、しまなみ海道も見ることができました。
画像

石鎚神社
石鎚神社は日本七霊山の一つ霊峰石鎚山を
神体山(神しずまります山)とする御社にて、
山頂に頂上社、中腹(7合目)に成就社と土小屋遥拝殿、
そしてJRや国道近くに位置する本社の、四社をあわせて石鎚神社といいます。
中宮成就社
成就社は、千三百年数十年の昔、石鎚山開山の祖、
役小角が石鎚山頂を拝さんとして、心身を清め山頂を目指しましたが、
どうしても山頂に至る事ができず、力尽きて下山しようとしたところ、
成就社境内で、ひたすらに斧を研いでいる一人の白髪の老人に出会いました。
小角は、不思議に思ってわけを尋ねてみると
「この斧を研いで針にする」とのことでした。
この言葉に小角は感銘し、再び行を続け、
西日本最高峰の石鎚山を開山することができました。
因みに、この時の老人が石鎚大神(石鎚毘古命)だと伝えられ、
以来小角の心願が叶ったことから、ここを「成就社」と称し、お社が祀られた。
遥拝殿
小角は山頂より下山し、遥かに山頂を見返し、
「吾が願い成就せり」と改めて石鎚山を拝したところが、
現在の成就社境内に建立されている
「見返遥拝殿・みかえりようはいでん」の所だと伝えられています。
展望台より散策道で約10分で到着。
この時期、日曜日には「石鎚もみじまつり」が行われ、
もち投げ・福木投げ・お菓子投げが行われる。
画像

遥拝殿からちょうど石鎚山が見えました。
画像

画像

画像

しっかり御朱印をいただいて帰りました。
画像

紅葉狩りには少し早すぎた感じでした。(3分程度)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック