ワカシャチ漫遊記第3章~プロローグ 2019年4月

平成31年4月1日付けで香川県高松市へ異動となりました。
ワカシャチ漫遊記もいよいよ第3章へと突入しました。
第1章:愛知県名古屋市(7年間)
第2章:愛媛県松山市(2年半)
第3章:香川県高松市(令和元年~)
香川県
香川県は、瀬戸内海に面し四国の北東部に位置する県です。
令制国の讃岐国に当たり、県庁所在地及び最大の都市は高松市。
県名は旧讃岐国のほぼ中央に存在し、かつて高松が属していた
古代以来の郡である香川郡から採られた。
面積が全国で一番小さい県だが、災害が少なくコンパクトな中に
都市の利便性と豊かな自然が調和した生活環境を併せ持つ県です。
香川県といえば
ため池
古来より雨量、河川の流水量ともに少なく旱魃に備えて
県内各地に14,000を超える数のため池が造られ点在している。
また香川県は、平野が多いことから県全体の人口密度が高い。
満濃池
満濃池(まんのういけ)は、香川県仲多度郡まんのう町にある
日本最大の灌漑用のため池です。
空海が改修したことでも知られています。
画像

(2018年8月撮影)
瀬戸大橋の四国の玄関口と瀬戸内の島々
北部に広がる瀬戸内海には、小豆島など多くの島々が点在している。
本州の岡山県とは島々を伝う形で架けられた瀬戸大橋により、
道路・鉄路で結ばれている。
画像

(2017年8月撮影)
瀬戸国際芸術祭
瀬戸内国際芸術祭は、瀬戸内海の島々を舞台に開催される
現代美術の国際芸術祭を指す言葉であり、
別名「瀬戸芸(せとげい)」とも言われ、
対象地区となる岡山・香川の両県に跨る、一大イベントである。
トリエンナーレ形式で、今年2019年は、第4回目の開催年。
③その他
麺のコシがしっかりとした讃岐うどんや、
画像

画像

(2018年8月撮影:谷川製麺所)
こんぴらさんの愛称で親しまれる金刀比羅宮
画像

(2017年4月撮影)
空海の生誕地としても知られる善通寺(四国八十八箇所の一つ)、
画像

(2017年5月撮影)
寛永通宝の銭形砂絵で知られる観音寺、
画像

(2017年4月撮影)
最近では、日本のウユニ塩湖と呼ばれる父母が浜も世界的に有名。
画像

画像

画像

(2018年10月撮影)
これまで松山からも何度か訪れていた場所で
4月19日より引っ越しして暮らし始めました。
これから数年はお世話になる香川県で
ワカシャチ漫遊記第3章もしっかり充実させていきます。

時は平成から令和へ。
乞うご期待!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック