ワカシャチ漫遊記第3章「京都・大阪・京都・淡路散策」2019年6月VOL.1

2019年6月22日(土)~24日(月)
妹家族が来日、明日23日(日)関西国際空港より帰国する為、
両親・弟家族・妹家族が神戸に集合しました。
1日休暇を取って神戸・大阪・京都・淡路を散策しました。
6月22日(土)淡路島経由で神戸へ。
中浜稔猫美術館
淡路市の北、浦海浜公園に隣接する中浜稔猫美術館は、
猫の墨絵の第一人者・中浜 稔画伯(淡路市出身)が
描き出した作品を一堂に展示する、世界で初めての
猫・ねこ・ネコの美術館です。
画像

画像

淡路夢舞台
淡路夢舞台(あわじゆめぶたい)とは、兵庫県淡路市にある
複合文化リゾート施設で、株式会社夢舞台が運営している。
淡路島の東岸、海を望む高台にあり、国際会議場やリゾートホテル、
野外劇場、植物園等の施設が点在する敷地内は、
百段苑をはじめ複数の個性的な庭園が存在し、
それらは遊歩道やデッキなどで結ばれ、全体が回遊式庭園の構造となっている。
建築家・安藤忠雄の代表作であり、2000年に開催された、
国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」の会場になった。
画像

奇跡の星の植物館
兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館は、
兵庫県淡路市にある淡路夢舞台内にある屋内植物園。
自然を見つめ、植物の美しさや不思議さを知り、この奇跡を守ることの
大切さに気づいてもらうためにつくられた生命のミュージアム。
6700平方メートルの日本最大級の植物館では、アロエ・ディコトマをはじめ
世界の珍しい植物がいっぱいある。
ちょうど訪れた、22日は、国内で唯一、この植物館だけが栽培する
中国・雲南省原産の花「紅花山玉蘭」(べにばな・さんぎょくらん)が開花間近のつぼみを
見ることができました。
後日25日、3年ぶりに開花したことがニュースになっていた。
夜に咲き、わずか半日ほどで散ってしまう「幻の花」で、
6枚の薄いピンクの花びらを持つモクレンの一種。
2000年の淡路花博を記念して同省の植物研究所から贈られた。
2年後に国内で初めて開花。
挿し木を取りながら育てて16年6月に再び咲き、
今回が3回目の開花ということで本当に珍しい花のようです。
画像

画像

幻の花、紅花山玉蘭のつぼみ
画像

画像

※25日に咲いた花の写真をHPより使用させていただきました。
画像

神戸北野異人館
明治20年(1887)ごろ来日した外国人たちが、景色の良い
山の手に移り住み、北野町界隈に洋館が立ち並ぶようになった。
最盛期には200棟を超えたが、戦火や都市開発によって
その多くが姿を消した。
現在では、神戸市は文化財保護法及び神戸市都市景観条例に基づき、
こうした伝統的建造物群が集中して残る、東西約750メートル、
南北約400メートルの地区を伝統的建造物群保存地区に定め、
当該保存地区は、1980年に「神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区」の
名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。
うろこの家
うろこの家は兵庫県神戸市中央区の北野町にある歴史的建造物。
美術館「うろこ美術館」を併設する。
神戸で最初に公開された異人館で、外壁に貼られた天然スレートの形状が
魚鱗のように見えることが館名の由来です。
画像

幸運を呼ぶイノシシ「ポルチェリーノ」
画像

オーストリアの家
作曲家モーツアルトをテーマにしており、オーストリアの文化の紹介と
モーツアルトにまつわる品々を展示紹介しています。
館内は18~19世紀の貴族の家を再現し、 モーツアルトが作曲に使用した
ピアノなどの複製品(フォルテ・ピアノ)なども展示されています。
画像

黒鍵と白鍵が逆になったピアノ。
画像

デンマーク館
北欧デンマークの歴史や文化を紹介しているテーマ館です。
2分の1サイズのバイキング船のレプリカの展示や、
童話作家アンデルセンの書斎も再現されています。
画像

オランダ館
オランダ館は、元オランダ総領事邸で、大正中期に建てられた
2階建ての木造の寄棟造りです。
長い期間、オランダ総領事邸として使用されており、
その後 I.Sヴォルヒン氏の邸宅となっていましたが、
1987年1月に”香りの家オランダ館”として開館した。
館の中はは、香水の良い匂いで満たされています。
画像

風見鶏の館
風見鶏の館(旧トーマス住宅)は、明治42年(1909年)頃に
ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として建てられました。
レンガの外壁と尖塔の風見鶏は、北野異人館のシンボルとして人々に愛されています。
現在は国の重要文化財に指定されています。
画像

本日のランチ
神戸南京町で上海料理を食べました。
観光雑誌に載っていた、店で自慢の料理を2品たのみました。
南京町の西安門にある上海料理 東紫縁です。
南京町では珍しい上海料理の店です。
画像

上海やきそば
画像

豚角煮
画像

南京町といえば老祥記は外せません。
おなかいっぱいだったので、3つ並んで購入。
以前より、列は短かった。
画像

その後、早めにホテルにチェックイン。
両親・弟家族・妹家族 西田家全員集合しました。
画像

本日の宿はANAクラウンプラザホテルでした。
画像

山の手の高台に建つホテルからの眺めはなかなか良かった。
画像

画像

2日目VOL.2へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック