ワカシャチ漫遊記第3章「西条 酒まつり」2019年10月

2019年10月13日(日)
地元東広島市の西条酒まつりに行ってきました。
西条酒まつり
西条酒まつり(さけまつり)は、毎年10月第2土・日曜の2日間にわたって
広島県東広島市西条町の西条中央公園と西条酒蔵通りを中心にして行われる祭りです。
1990(平成2)年以降、市民の祭りとして毎年、JR西条駅南側一帯で開催しています。
令和元年10月12日(土)と13日(日)に開催した「2019酒まつり」は、
台風19号の影響を受けながらも初日に約10万人、
快晴となった2日目は約13万人の合計約23万人の人出となった。
私の高校時代(広島県立賀茂高等学校)にはまだ始まっていなかった。
IMG_3855.JPG
DSC_3490.JPG
東広島市
東広島市(ひがしひろしまし)は、広島県の中央部に位置する市。
1973年に広島大学の統合移転先が旧西条町に決定したことを受け、
大学を中心とした学園都市建設の機運が高まり、
1974年に西条町他周辺3町が合併して東広島市となった。
私の故郷の河内町も、現在は東広島市に属します。
市名は広島市の東側に位置することに由来する。
東広島市は酒どころとしても有名で、
酒都(西条酒)・吟醸酒発祥の地(安芸津の酒)と
2つの歴史的な酒処がある日本有数の日本酒の産地。
西条・灘・伏見で日本三大酒処として知られる。
狭い地域に多くの酒蔵が軒を連ねて並ぶ「酒蔵通り」には、
白壁やなまこ壁、赤煉瓦の煙突など独特な建物が並んでいる。
人口は2019年9月末現在188,372 人。
DSC_3508.JPG
IMG_3857.JPG
DSC_3537.JPG
賀茂鶴酒造株式会社
1873年(明治6年)9月9日、木村和平が酒銘を「賀茂鶴」と命名。
「賀茂」は地名であると同時に酒を造るという意味の“醸す”が掛けられ、
これをめでたい鳥である「鶴」と組み合わせた。
ラベルに描かれている2羽の「鶴」と「富士山」は、鶴は信頼を表し、
富士山は品質が日本一であることを表している。
2014年、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領訪日の際、
安倍晋三首相がすきやばし次郎でオバマ大統領と会食を行った。
この時に出されたお酒が、賀茂鶴酒造の「大吟醸・特製ゴールド賀茂鶴180ml角瓶」です。
瓶の表面の細かな水滴から、適温に冷えている様が窺えたそうです。
DSC_3504.JPG
DSC_3511.JPG
DSC_3501.JPG
DSC_3514.JPG
酒まつり当日、賀茂鶴酒造の敷地内では
酒BAR・梅酒BARが出店し、有料の試飲、利き酒のイベントなどが行われていた。
梅酒の試飲をし、梅酒を購入して帰りました。
DSC_3523.JPG
DSC_3521.JPG
DSC_3529.JPG
今回初めて酒まつりに行きました。
立派なお祭りでとても感激しました。
また酒まつりに行くもう一つの理由は
私の高校生の同級生が、毎年店を出していて、懐かしい友達と会えることです。
高校卒業して以来数十年ぶりの再会でした。
おそろいのTシャツを着て頑張っていました。
DSC_3498_LI.jpg
FB_IMG_1571418136936.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント