ワカシャチ漫遊記第3章「淡路島 洲本・南あわじ散策(水仙観賞)」2020年2月

2020年2月15日(土)
一日中どんよりとした天気でした。
淡路島の水仙が見頃を迎えているということで
洲本市・南あわじ市散策もかねて観賞してきました。
先山千光寺
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二柱の神が
最初につくった山であることから、「先山」と名付けられたとされます。
千光寺は先山の頂上につくられ、そのすぐ下方には天の岩戸に姿を隠した
天照大神を祀る岩戸神社があります。
豊かな自然の中にある国生み神話ゆかりの地です。
IMG_5467.JPG
IMG_5477.JPG
IMG_5480.JPG
縁起にちなんだ珍しい駒猪
DSC_7444.JPG
DSC_7443.JPG
山頂からの眺めは「洲本八景
IMG_5474.JPG
岩戸神社
IMG_5490.JPG
IMG_5491.JPG
紀淡海峡と由良・成ヶ島
天然の良港としての由良は、瀬戸内の海上交通の重要な場所であった
紀淡海峡を収める拠点として、海上の交流・交易拠点として
紀淡海峡における海人の活動拠点となったことが考えられます。
また、『古事記』・『日本書紀』の中に書かれてある、
天日槍の「出石の刀子」ゆかりの生石神社もあります。
成ヶ島は洲本市南部由良市街地を守るように横たわる無人島で、
約2キロにのびる砂州があることから「淡路橋立」とも呼ばれています。
生石海峡展望台より紀淡海峡・紀伊半島を望む。
残念ながら、本日曇りのため、紀伊半島は見ることができなかった。
IMG_5522.JPG
IMG_5524.JPG
生石岬展望台より紀淡海峡・紀伊半島を望む。
IMG_5531.JPG
淡路橋立天橋立そっくり。
IMG_5534.JPG
生石公園
成ヶ島を見下ろす高台に位置している公園、生石公園は、
紅梅と白梅が約260本植えられており、
春には梅の甘い香りが漂う島内有数の梅の名所です。
また由良要塞の遺跡が残る公園としての顔も併せ持っており、
園内には攻撃に来た敵の侵入を食い止めるための「堡塁(ほるい)」や
かつて大砲が置かれていた「砲台跡」、さらに大砲の「砲身」など、
貴重な光景を見ることができます。
紀望台あたりの紅梅・白梅、ナルトサワギクの黄色ががきれいでした。
DSC_7495.JPG
要塞跡・第一砲台跡
IMG_5513.JPG
IMG_5495.JPG
生石鼻灯台
光達距離:12海里  塔高 :10メートル  灯高:118メートル の小さな灯台です。
IMG_5518.JPG
「出石の刀子」ゆかりの生石神社
IMG_5519.JPG
淡路立川水仙郷
立川水仙郷(たちかわすいせんきょう)は、兵庫県洲本市由良町由良にある観光名所で、
水仙の名所として古くから知られる一方で、テレビメディアの影響で併設の施設も有名になった。
南あわじ市の灘黒岩水仙郷と並び淡路島2大水仙郷の1つと銘打っている。
1月から2月にかけて、約500万本の水仙が太平洋に面した南向き斜面一面に咲き誇り、
独特の甘い香りを漂わせる。
灘黒岩がニホンスイセン一種の純粋な自生地なのに対して立川は
栽培による植栽がほとんどの観光農園であり、品種も地中海原産が多くを占める外来種である。
また、灘黒岩が公営であるのに対し立川は私営である。
DSC_7541.JPG
DSC_7531.JPG
DSC_7536.JPG
DSC_7532.JPG
UFO神社
崖の向こうにUFOが飛ぶ!? 不思議な「UFO神社」
「探偵!ナイトスクープ」の取材が話題となったことから記念碑まで建っている。
DSC_7522.JPG
灘黒岩水仙郷
灘黒岩水仙郷(なだくろいわすいせんきょう)は、
兵庫県南あわじ市灘黒岩に位置するスイセンの群生地である。
日本三大群生地の一つ。
日本三大水仙群生地は、越前海岸(福井県)、鋸南町(千葉県)
そして淡路島といわれています。
約7ヘクタールの敷地に約500万本の一重咲きの野生のニホンスイセンが咲きます。
全体的に水仙の見頃はすでに過ぎていました。
IMG_5544.JPG
IMG_5563.JPG
水仙の向こうに沼島が見えます。
沼島
淡路島は、『古事記』では淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)と書かれ、
『日本書紀』では淡路洲と書かれていて、
伊弉諾尊(いざなきのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の産んだものとされる。
この『記紀』によると伊弉諾尊・伊弉冊尊の二神が天上の「天浮橋(あめのうきはし)」に立って、
「天沼矛(あめのぬぼこ)」をもって青海原をかき回し、その矛を引き上げたところ、
矛の先から滴り落ちる潮が凝り固まって一つの島となった。
これがオノゴロ島で、二神はその島に降りて夫婦の契りを結んで国産みを行った。
初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生んで日本国を造られたとされる。
おのころ島の所在地については諸説ある。
そもそも架空の島であると言う説、淡路島北端の淡路市にある絵島、
南あわじ市榎列(えなみ)の自凝島神社のある丘、あるいは淡路島全体であるという説もある。
しかし沼島には古来おのころ島の伝えがあり、天沼矛に見立てた奇岩
おのころ山に鎮座して二神を祭る「おのころ神社」が存在するため、沼島とする説もある。
IMG_5562.JPG
IMG_5569.JPG
IMG_5572.JPG
薬王寺
高野山真言宗・薬王寺は、寺伝によると、和銅元年(708)
名僧・行基が開基した寺となっています。
本尊は「薬師如来」で、行基作とされています。
正月を中心に「厄除祈祷」の寺として、淡路島内の方はもちろん、
島外の「厄年」の方が参拝されます。
名物は、大鏡餅と台座の三方合わせて総重量約170kgを腹に抱えて運び、
歩く距離を競う薬王寺の新春恒例の行事です。
お正月のニュースで一度は見たことがあるのでは。
IMG_5575.JPG
本日のランチ
由良の新島水産で海鮮天丼とフグのから揚げ重。
DSC_7453.JPG
DSC_7458.JPG
DSC_7461.JPG
DSC_7480.JPG
DSC_7474.JPG
DSC_7491.JPG
本日の夕食
南あわじ市の志知カフェで名物の玉ねぎを使ったオニフラカレー男。
DSC_7592.JPG
DSC_7593.JPG
DSC_7599.JPG
大満足の淡路島でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント