ワカシャチ漫遊記第3章「淡路島 桜と菜の花 花見」2020年4月

2020年4月4日(土)
コロナウイルスで日本全体が外出自粛ムードの中、
三密:3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避けるように
不要不急ではあったが、淡路島へ行ってきました。
兵庫県立淡路島公園
兵庫県立淡路島公園では、淡路島で最大級となる約900本の
ソメイヨシノとサトザクラが植えられています。
満開の桜を、満喫できました。
公園内ではコロナウイルスの関係で、2m感覚で、隣の人と近づかないような配慮もありました。
IMG_5730.JPG
IMG_5741.JPG
IMG_5747.JPG
IMG_5749.JPG
ニジゲンノモリ
淡路島公園内にある施設。
画面や紙面を前に、一人屋内で楽しむことが多いアニメや漫画にゲーム。
これら”二次元コンテンツ”の世界観を、五感を使い、
体を動かしながら体験できる、純日本産のアニメパークです。
”画面や紙面が森全体に広がる場所”だと思ってください。
最新テクノロジーを使用し、まるで作品の中へと迷い込んだ
錯覚を起こす幻想的なアトラクションや、二次元コンテンツの世界観を
踏襲したアクティビティなど、アニメをはじめとしたクールジャパンコンテンツへ
”新しい価値”を付加した、ここにしかない”二次元体験”をお届けします。
クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークには沢山のしんちゃんがいました。
DSC_0105.JPG
DSC_0100.JPG
DSC_0103.JPG
DSC_0097.JPG
本日のランチ:淡路バーベキューガーデンsafsaf
食材を厳選して作られた「あわじ大地のバーガー」と今が旬のイチゴを食べる。
イチゴはヘタのところまで赤く、甘かった。
ハンバーガー20200404淡路カントリーガーデンsafsaf (8).JPG
ハンバーガー20200404淡路カントリーガーデンsafsaf (2).JPG
あわじ花さじき
「あわじ花さじき」は花の島にふさわしい花の名所として、
兵庫県が平成10年4月から設置しています。
淡路島北部丘陵地域の頂上部、標高298~235mの海に向かって
なだらかに広がる高原に一面の花畑が広がります。(面積約15ha)
明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、
季節により変わる愛らしい花々が夢の世界に誘います。
眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる、極上の見物席として、
『あわじ花さじき』と命名されました。
IMG_5780.JPG
IMG_5782.JPG
IMG_5797.JPG
IMG_5816.JPG
千年一酒造
山海の恵み豊かな淡路の東浦で酒造りを続けて140年、
千年一酒造は、造り酒屋と呼ぶにふさわしい小さな酒蔵で
昔ながらの手造りにこだわり、誠実な酒造りを続けている。
酒蔵見学は、コロナウイルスの関係でやっていなかった。
IMG_5829.JPG
IMG_5833.JPG
世界平和大観音像
平和観音寺(へいわかんのんじ)は、兵庫県淡路市釜口にあった寺院・博物館。
正式名称は「豊清山平和観音寺」。
高さ100メートルの「世界平和大観音像」は、建造当時は世界最大の像として話題となるも、
2006年2月26日に閉館し廃墟となっている。
兵庫県淡路市の巨大観音像(高さ約100メートル)について、
財務省近畿財務局は4月1日、周辺施設と共に解体撤去すると発表した。
像は所有者が死亡した2006年以降は閉鎖・放置され、
一部がはがれるなど劣化が著しく、地域住民から不安視されていた。
22年度中に解体撤去する計画で、費用などは未定。 見納めとなった。
DSC_0191.JPG
DSC_0185.JPG
DSC_0189.JPG
たこせんべいの里
名古屋でよく行っていたえびせんべいの里によく似たたこせんべいの里に行きました。
試食と無料コーヒーが売りの店で、試食中止のお知らせが出ていました。
「新型ウイルス感染予防の為、しばらくの間試食提供を休止させていただくことになりました。」
残念でしたがしっかりお買い物しました。
DSC_0196.JPG
DSC_0197.JPG
洲本城跡
洲本城は三好氏の重臣・安宅治興によって築かれた城で、
羽柴秀吉による淡路討伐の後、仙石秀久に与えられました。
その後、脇坂安治が城主のときに天守が築かれましたが、
移封先の大洲城へ移築したという説があります。
また安治は石垣を改修して「登り石垣」を築きましたが、
これは日本全国でも三箇所にしか残っていない珍しいものです
(ほかのふたつは松山城と彦根城)。
遺構としてはとりわけ石垣の保存状態がよく、
城址のあちこちで見ることができます。
現在は本丸跡に模擬天守が建てられており、
これは江戸時代の天守を復元したものではありませんが、
日本最古の鉄筋コンクリート製模擬天守として知られています。
予想通り、桜が満開でした。
お城と桜はよく似合います。
IMG_5847.JPG
IMG_5866.JPG
IMG_5853.JPG
IMG_5851.JPG
本日の夕食:淡路ごちそう館御食国
淡路牛極上バラと淡路玉ねぎを煮込んだ絶品牛丼、
淡路島牛丼をいただきました。
肉20200404御食国 (6).JPG
肉20200404御食国 (11).JPG
肉20200404御食国 (13).JPG
最近月一で淡路島に来ています。
マイブームで、淡路島が大好きです。
まだまだ行きたい所が沢山ある、魅力的な、大きな島です。




ワカシャチ漫遊記第3章「善通寺・四国水族館」2020年3月

3月22日(日)
善通寺
五岳山 善通寺の創建は、『多度郡屏風浦善通寺之記』(江戸時代中期成立)によると、
唐より帰朝されたお大師さまが、御父の寄進した四町四方の地に、
師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺で、
大同2年(807)臘月(陰暦12月)朔日に斧始めを行い、弘仁4年(813)6月15日に落慶し、
父の諱「善通(よしみち)」をとって「善通寺」と号したと記されています。
京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ弘法大師三大霊跡のひとつ
総面積約45,000平方メートルに及ぶ広大な境内は、「伽藍」と称される東院、
「誕生院」と称される西院の東西二院に分かれています。
金堂、五重塔などが建ち並ぶ「伽藍」は、創建時以来の寺域であり、
御影堂を中心とする「誕生院」は、お大師さまが御誕生された佐伯家の邸宅跡にあたり、
ともに弘法大師御誕生所としての由縁を今に伝えています。
IMG_5706.JPG
金堂
IMG_5697.JPG
五重塔
IMG_5688.JPG
DSC_0469.JPG
御影堂
IMG_5685.JPG
IMG_5673.JPG
月例御影供
承和2年(835)3月21日(陰暦)、弘法大師空海は高野山奥の院にて御入定されました。
毎月21日に月例御影供が行われています。(10月除く)
正御影供(4月21日)は、宗祖の御恩に感謝の誠をささげる法会です。
法会は2日にわたっておこなわれます。初日はお大師さまの御入定を偲び、二日目の法要では、
献香、献茶がおこなわれ、また、朱塗りの三方にのせられた山海のさまざまな食材や御菓子を
僧侶たちが手渡しで供養壇におくり、最後に導師の手で御宝前にそなえて、
お大師さまの恩に報い感謝の念をささげます(百味供養)。
祭文(さいもん)の読誦は、寺内若手僧侶によって独特の調子で声高らかに読み上げられます。
この正御影供にあわせて、伽藍では春市(植木市)がひらかれます。
熊岡菓子店
善通寺市のお大師さん総本山善通寺のすぐ近くにある堅パンで有名なお店。
120年以上も続く老舗店で、日清戦争の頃に日持ちがして腹持ちがいいものを
という軍からの要望で作られたものらしいです。
DSC_0462.JPG
DSC_0461.JPG
案の定人気の堅パンは売り切れていたので、
ミレーとえびせんを買って帰りました。
DSC_0501.JPG
四国水族館
“四国水景”をテーマに、四国のダイナミックで多様な水景と、
そこに息づく生きものを紹介する水族館。
「綿津見の景」では、スマやマダラトビエイなどの魚が黒潮にのって
回遊する様子を再現するほか、海の中で、
鳴門海峡のうずしおを見ているかのような感覚を体験できる「渦潮の景」、
瀬戸内海を背景に躍動的に泳ぐイルカたちを眺められる「海豚プール」など、
四方を海に囲まれた四国ならではの演出となっている。
「水遊ゾーン」では、海の生きものたちとふれあえる。
コロナウイルス感染の影響で、3月20日グランドオープン予定が4月13日に延期。
その4月13日オープンも延期が発表された。
4月1日より、平日に限り、四国在住の方のみ見学できるようになっている。
IMG_5709.JPG
IMG_5710.JPG
IMG_5712.JPG
IMG_5717.JPG
香川県綾歌郡宇多津町の瀬戸大橋が見える、ゴールドタワーの隣にオープンします。
コロナウイルス感染が終息したらすぐにでも行ってみたいです。

ワカシャチ漫遊記第3章「東京出張と大阪」2020年3月

2020年1月20日から2日間 東京出張
2020年3月14日から2日間 友人の納骨式
特に3月の大阪は、ノロウイルス感染が広がる中で行ってきました。
大阪の予定は、本来であれば2日目は京都観光を予定していましたが
事情が事情だけに、予定を切り上げ帰宅となりました。
東京へは、会社の出張で行きました。
天気は快晴で、テンションはMAX。
この時期はまだ、コロナウィルスの感染は出ていなかった。
高松空港から、羽田へ飛行機で移動。
綺麗な雲海。
DSC_6542.JPG
富士山もはっきり見えました。
DSC_6550.JPG
伊豆半島も見えました。
DSC_6584.JPG
DSC_6609.JPG
翌日は、出勤までの時間を利用して散策。
新国立競技場
1958年(昭和33年)に開場した国立霞ヶ丘陸上競技場(旧・国立競技場)の老朽化対応と、
東京オリンピック・パラリンピックの主会場とすることを念頭に、
旧・国立競技場の全面改築により建てられた施設で、
新国立競技場の仮称にて2012年より建設事業に着手。
2016年12月に着工し、2019年7月3日に開場後の正式名称が
『国立競技場』となることが日本スポーツ振興センターより発表され、2019年11月に竣工。
2019年12月21日に施設の開場式(オープニングイベント)を開催した。
本来ですと2020年7月に東京オリンピックの開会式が行われる予定でしたが、
コロナウイルスの関係で1年延期され2021年7月開催となった。
DSC_6661.JPG
DSC_6667.JPG
嘉納治五郎像
DSC_6673.JPG
東京スカイツリー
2012年5月22日にグランドオープンした、地上デジタル放送などの
電波を送信する世界一高い自立式電波塔。
伝統的日本建築などに見られる「そり」や「むくり」をもち、
五重塔の心柱制振システムなど、古来の技と日本の最新技術による制振構造となっている。
高さは634mで、「藍白」をベースとしたかすかに青みがかった白が、
繊細な輝きを放つ。その足元には、大型商業施設「東京ソラマチ」をはじめ、
水族館、プラネタリウム、郵政博物館などがあり、
街全体を「東京スカイツリータウン」という。
東京スカイツリーは、新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)の感染予防
および拡大防止のため、お客さまと従業員の安全を鑑み、
3月1日(日)から3月15日(日)までの臨時休業を予定しておりましたが、
3月10日(火)に示されました政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」の方針を受け、
臨時休業期間を当面の間延長されている。
DSC_6760.JPG
DSC_6731.JPG
DSC_6745.JPG
3月14日(土)大阪へ高松からバスで行きました。
関西エリアは、徐々にコロナウイルスの感染拡大が始まっており、
関西行きのバスはがらがらでした。
DSC_0099.JPG
道頓堀の行列はマスクを求め、薬局に並ぶ人です。
DSC_0127.JPG
お決まりのたこ焼きと、551の肉まんを食べました。
DSC_0141.JPG
DSC_0146.JPG
DSC_0159.JPG
DSC_0165.JPG
DSC_0152.JPG
コロナの感染危機が迫る中、友人i君の納骨式を無事終え、懐かしいメンバーで
久々に食事しました。(i君をしのぶ会)
夜は、後輩のa君と食事しました。
大阪駅周辺の変わりようがすごかった。
DSC_0218.JPG
翌日、早々に大阪を後にしました。
天気が良かったので宿泊先(心斎橋)から徒歩でアメリカ村を通って難波へ。
DSC_0245.JPG
戎橋から
DSC_0247.JPG
DSC_0252.JPG
法善寺お参り
DSC_0281.JPG
DSC_0285.JPG
時間の短い、中身の濃い、大阪散策でした。


ワカシャチ漫遊記第3章「徳島散策とスイーツ三昧旅」2020年3月

2020年3月1日(日)
イチゴがおいしい情報を教えてもらったので
徳島までイチゴを買いに行きました。
高松からは高速を使い1時間弱で行ける距離です。
国道318号線、土成インターの南北2キロが
12~5月はストロベリーロードになります。
3月11日以降は全ての直売所がオープンし、
国道沿いはいちごを買いにくるお客さんの車で賑わいます。
各農家さんのこだわりのいちごを購入できます。
我々は天然温泉御所の郷でイチゴを購入しました。
天然温泉御所の郷
御所の郷は、阿讃の山々に抱かれるようにひろがる
土御門上皇ゆかりの地に湧き出た極上の天然温泉です。
個々の売店で、この時期はイチゴがたくさん並びます。
10時の開店と同時に美味しいイチゴをゲットしました。
DSC_7990.JPG
DSC_7987.JPG
DSC_7984.JPG
DSC_8078.JPG
IMG_20200301_203055.jpg
美味しいイチゴをゲットした後は、徳島で有名な
いちご大福の店に大福を食べに行きました。
福屋 盛寿の郷
「さくらももいちご」を真白で柔らかな餅でそっと包んだ
いちご大福を食べることができるお店です。
さくらももいちご
「さくらももいちご」は徳島県佐那河内村のわずか数軒の農家のみでしか生産されない、
とてもレアないちごで、同じく佐那河内村ブランドとして人気の
「ももいちご」よりワンランク上とされます。
一粒一粒に栄養が集まるよう大切に栽培された果実は大粒で美しく色鮮やか。
口の中にあふれる果汁は酸味が少なく非常に甘味が強いです。
厳しい品質基準が設けれれており甘さや傷の少なさなど審査を
クリアしたものしか出荷されません。
味と美しさに拘ったプレミアムいちごです。
スイーツ20200301福屋 (21).JPG
スイーツ20200301福屋 (14).JPG
スイーツ20200301福屋 (23).JPG
スイーツ20200301福屋 (7).JPG
スイーツ20200301福屋 (26).JPG
しっかりおなかを満たした後は、浄瑠璃を見に行きました。
といっても、資料館だと思って行ったところ、ラッキーにも
浄瑠璃の上演を鑑賞することができました。
安価な入場料で、生の浄瑠璃が観賞できるとてもお得感があります。
徳島県立 阿波十郎兵衛屋敷
人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」は、 1698年に罪状も明らかにされないまま
藩の政策上の犠牲となって処刑された庄屋、 板東十郎兵衛の名を借りて、
お家騒動の物語に仕立てたものと言われています。
阿波十郎兵衛の屋敷跡であり、「傾城阿波の鳴門」ゆかりの場所です。
阿波十郎兵衛屋敷では、国の重要無形文化財「阿波人形浄瑠璃」を毎日上演しています。
また、展示室では、阿波人形浄瑠璃の特色や木偶人形の展示を見ることができます。
IMG_5662.JPG
IMG_5659.JPG
IMG_5656.JPG
『傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)』のあらすじ
傾城阿波の鳴門の主人公、徳島藩臣下の阿波十郎兵衛(あわのじゅうろうべえ)は、
主人を助けるために盗賊に身をやつします。
そこへ生き別れていた娘のおつるがあらわれます。
母のお弓は、娘のためを思い、自分が母親であることを隠して
おつるを追い返しますが、十郎兵衛は娘と知らずおつるを殺してしまいます。
この物語は実際に徳島藩の家臣であった坂東十郎兵衛が
不本意な嫌疑で処刑されたことから、その悲劇を元に創作されたそうです。
IMG_5631.JPG
IMG_5643.JPG
IMG_5629.JPG
上演後は、一緒に記念撮影もしていただき、大満足。
IMG_5650.JPG
調子に乗って、農村歌舞伎の施設を見に行きました。
犬飼農村舞台
犬飼農村舞台(いぬがいのうそんぶたい)は、徳島県徳島市八多町八屋の
五王神社境内にある人形芝居の野外舞台。
重要有形民俗文化財。とくしま88景。
1873年(明治6年)に建造され、物語に応じて舞台を変化される昔のままのカラクリが、
よりそのままに近い状態で残っているのが特徴である。
毎年秋に人形浄瑠璃を上演している。
全国各地に作られた農村舞台の多くが歌舞伎用の舞台であったのに対し、
徳島県に作られた農村舞台は人形浄瑠璃の為のものである。
IMG_5663.JPG
IMG_5665.JPG
IMG_5667.JPG
本日の夕食:味処あらし(鳴門)
鳴門近海の旬な魚料理を一番新鮮な状態で味わえます。
和食20200301あらし (8).JPG
和食20200301あらし (15).JPG
和食20200301あらし (2).JPG


ワカシャチ漫遊記第3章「笠岡散策」2020年2月

2020年2月22日(土)
3連休初日、広島に帰る途中に笠岡を散策しました。
遍照寺多東塔
遍照寺の多東塔は、慶長11年(1606)の建立で、
岡山県下の多宝塔建築の中では最も古い。
この多宝塔の亀腹(ドーム状の屋根)は本瓦葺になっているが、
かつては漆喰で固めてあったものを、明治時代の修理のとき改変したといわれる。
内部の天井・壁・柱などには装飾文様・絵画が極彩色で描かれている。
塔の傍らには、落慶供養のため法華経を読誦したことを記す石碑が建っている。
また、多宝塔と並んでそびえ立つ大きなイチョウの木は、
塔の建立記念に植樹されたといわれている(市指定天然記念物)。
遍照寺は駅前土地区画整理事業によって移転しており、
現在、多宝塔の周囲は「いちょう公園」として整備されている。
IMG_5587.JPG
IMG_5591.JPG
IMG_5592.JPG
移転した遍照寺にも行ってみました。
現在は、閑静な住宅街の中にありました。
IMG_5577.JPG
IMG_5579.JPG
IMG_5580.JPG
IMG_5581.JPG
笠岡市立カブトガニ博物館・恐竜公園
国指定天然記念物“カブトガニ繁殖地”である神島水道をのぞむ、
世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館。
建物はカブトガニをイメージした形状をしています。
また、国内では数少ない本格的恐竜公園を併設しています。
園内に展示される7種8体の実物大の恐竜及び景観はすべて
学術監修を受けて製作されており、恐竜の生きた時代を体験できます。
駐車場からカブトガニ博物館に向かう途中に
沢山の恐竜に出会います。
以前、豊橋で行ったのんほいパークを思い出しました。
IMG_5594.JPG
IMG_5598.JPG
IMG_5597.JPG
カブトガニ博物館
カブトガニ(甲蟹、兜蟹、鱟、鱟魚)とは、
鋏角亜門・カブトガニ目に属する節足動物の総称、
およびそのうちの一種 Tachypleus tridentatus の和名である。
お椀のような体にとげのような尻尾を持つ。
建物は上空から見るとカブトガニの形に見える。
IMG_5599.JPG
DSC_7805.JPG
DSC_7803.JPG
生きているカブトガニを直接見ることができた貴重な体験でした。
泳いでるカブトガニです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://youtu.be/b_5K1BiFh0g

(本日のランチ:中華そば専門店 坂本
笠岡ラーメン
笠岡にはラーメンが食べられるお店が30数軒あります。
なかでも、鶏ガラだしの醤油スープに煮鶏のチャーシューが乗った
「笠岡ラーメン」は、笠岡ならではの味です。
ラーメン20200222坂本 (9).JPG
ラーメン20200222坂本 (4).JPG