ワカシャチ漫遊記第3章「笠岡散策」2020年2月

2020年2月22日(土)
3連休初日、広島に帰る途中に笠岡を散策しました。
遍照寺多東塔
遍照寺の多東塔は、慶長11年(1606)の建立で、
岡山県下の多宝塔建築の中では最も古い。
この多宝塔の亀腹(ドーム状の屋根)は本瓦葺になっているが、
かつては漆喰で固めてあったものを、明治時代の修理のとき改変したといわれる。
内部の天井・壁・柱などには装飾文様・絵画が極彩色で描かれている。
塔の傍らには、落慶供養のため法華経を読誦したことを記す石碑が建っている。
また、多宝塔と並んでそびえ立つ大きなイチョウの木は、
塔の建立記念に植樹されたといわれている(市指定天然記念物)。
遍照寺は駅前土地区画整理事業によって移転しており、
現在、多宝塔の周囲は「いちょう公園」として整備されている。
IMG_5587.JPG
IMG_5591.JPG
IMG_5592.JPG
移転した遍照寺にも行ってみました。
現在は、閑静な住宅街の中にありました。
IMG_5577.JPG
IMG_5579.JPG
IMG_5580.JPG
IMG_5581.JPG
笠岡市立カブトガニ博物館・恐竜公園
国指定天然記念物“カブトガニ繁殖地”である神島水道をのぞむ、
世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館。
建物はカブトガニをイメージした形状をしています。
また、国内では数少ない本格的恐竜公園を併設しています。
園内に展示される7種8体の実物大の恐竜及び景観はすべて
学術監修を受けて製作されており、恐竜の生きた時代を体験できます。
駐車場からカブトガニ博物館に向かう途中に
沢山の恐竜に出会います。
以前、豊橋で行ったのんほいパークを思い出しました。
IMG_5594.JPG
IMG_5598.JPG
IMG_5597.JPG
カブトガニ博物館
カブトガニ(甲蟹、兜蟹、鱟、鱟魚)とは、
鋏角亜門・カブトガニ目に属する節足動物の総称、
およびそのうちの一種 Tachypleus tridentatus の和名である。
お椀のような体にとげのような尻尾を持つ。
建物は上空から見るとカブトガニの形に見える。
IMG_5599.JPG
DSC_7805.JPG
DSC_7803.JPG
生きているカブトガニを直接見ることができた貴重な体験でした。
泳いでるカブトガニです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://youtu.be/b_5K1BiFh0g

(本日のランチ:中華そば専門店 坂本
笠岡ラーメン
笠岡にはラーメンが食べられるお店が30数軒あります。
なかでも、鶏ガラだしの醤油スープに煮鶏のチャーシューが乗った
「笠岡ラーメン」は、笠岡ならではの味です。
ラーメン20200222坂本 (9).JPG
ラーメン20200222坂本 (4).JPG