ワカシャチ漫遊記 「伊豆・下田と河津桜」 2012年3月17・18日VOL.3

道の駅「開国下田みなと
 下田港内にある遊覧船サスケハナ号は、
 ペリーの黒船を再現した遊覧船です。
 遊覧船乗り場が道の駅に隣接されていました。
画像


玉泉寺
1954年3月、日米和親条約により下田港が開港され、
同年5月付録下田条約が結ばれると、玉泉寺は米人の休息所、
埋葬所に指定された。
その2年後タウンゼント・ハリス総領事は、通訳官ヒュースケンを伴い
下田に着任し、玉泉寺を日本最初の米国総領事館として開設する。
幕末、この玉泉寺は開国の歴史の中心舞台となった。
画像


画像


吉田松陰密航の場所
吉田松陰は弟子の金子重輔と共に、柿崎弁天島の祠に身を隠し
夜になって弁天島の浜辺より小舟を漕ぎだした。

柿崎弁天社
画像


踏海の朝」像
画像


柿崎三島神社にある吉田松陰像
画像


河津桜まつり
カワヅザクラ(河津桜)は、日本にあるサクラの一種で、
オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種であると推定されている。
1955年に飯田勝美さんが静岡県賀茂郡河津町田中で原木を
偶然発見したことが由来。
満開の時期が過ぎて、しかも昨夜の雨などでかなり散り始めていました。
画像


画像


河津桜原木
画像


画像


♪♪天城越え~♪♪
天城峠を越えて帰路につきました。
途中は渋滞していたので急きょ土肥にまわり
駿河湾フェリーで帰りました。
画像


画像


画像

"ワカシャチ漫遊記 「伊豆・下田と河津桜」 2012年3月17・18日VOL.3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント