テーマ:京都府

ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.2

2017年7月23日(日) 2日目は神戸から日帰りで京都へ電車で行きました。 どうしても行っておかないといけないお寺がありました。 名古屋から毎年、京都・奈良の世界遺産を訪れていました。 最後に残った世界遺産のお寺が西芳寺(苔寺)です。 西芳寺は、予約が必要で事前に申し込みをしないといけないお寺でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都散策」2016年12月 VOL.2

2016年12月3日(土) 京都散策2日目 今日は京都郊外、伏見と宇治を散策予定でしたが、 昨日見れなかった場所を午前中に散策しました。 嵐山 嵐山は京都府京都市の観光地。国の史跡および名勝に指定されている。 本来地名としては西京区(桂川の右岸)を指し、 左岸は右京区嵯峨であるが、観光案内等では 嵯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都散策」2016年12月 VOL.1

2016年12月2~3日京都を散策しました。 去年に引き続き京都の紅葉を楽しみたかったのですが、 今年の紅葉の見頃は1週間早かったようです。 初日(2日金曜日)  絶好の天気に恵まれ、散策スタート。 ちり紅葉で有名な毘沙門堂からスタートです。 平日の朝一番ということもあり、人もまばらでゆっくり鑑賞できま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「GW丹後・但馬・兵庫旅」2016年5月 VOL.2

天橋立 京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋立』は、 陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、 日本三景とされている特別名勝のひとつです。  幅は約20~170m・全長約3.6kmの砂嘴(さし)でできた砂浜で、 大小約8000本もの松が茂っている珍しい地形で、その形が、 天に架かる橋のように見えることから『天橋立』の名が付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「GW丹後・但馬・兵庫旅」2016年5月 VOL.1

2016年5月1日(日)~3日(火) 恒例のゴールデンウィーク2泊3日の旅。 今年は丹後・但馬・兵庫へでかけました。 5月1日(日) 天候に恵まれ旅がスタートしました。 今回の最初の目的地は但後エリアの舞鶴です。 舞鶴 舞鶴市は、 京都府北部(旧丹後国) に属する市。 中丹地域圏に属し、舞鶴都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都紅葉狩りと世界遺産」2015年12月 VOL.2

2015年12月6日(日)後半。 世界遺産 二条城 二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、 江戸時代の日本の城である。 京都市街の中にある平城で、足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、 現在見られるものは徳川氏によるものである。 また、後の近代において京都府の府庁や皇室の離宮として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都紅葉狩りと世界遺産」2015年12月 VOL.1

12月6日(日) 弾丸日帰りで、京都に行ってきました。 今シーズンの紅葉の最後にふさわしい場所を 選んでみました。 また京都の世界遺産で見逃している場所も 訪問しました。 京都岩倉 實相院 実相院(じっそういん)は、京都市左京区岩倉にある仏教寺院。 宗派は単立(元天台宗寺門派)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第8弾(最終) 京都東福寺と永観堂」2014年12月 VOL.5

いよいよ京都の紅葉狩りも永観堂と南禅寺で終わります。 永観堂、南禅寺は春と冬の時期には来ていたが、 秋は初めてでした。 永観堂 禅林寺(ぜんりんじ)は、京都市左京区永観堂町にある 浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。 一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。 紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第8弾 京都東福寺と永観堂」2014年12月 VOL.4

京都見紅葉狩り2日目。 朝一で東福寺へ向かいました。 あいにくの雨模様です。 ここでハプニング。 駐車場を探して一方通行の道を迷っていると なぜか目の前に三十三間堂。 予定にはなかったがせっかくなので行ってみました。 三十三間堂 三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都市東山区にある仏堂。 同じ京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第8弾(最終) 京都嵐山周辺」2014年12月 VOL.3

初日の最終目的地の嵐山へ。 嵐山周辺は交通規制があり駐車場を探すのに苦労する。 なんとかコインパーキングに止めて周辺散策。 まずは少し歩いて常寂光寺へ。 日が暮れ始め、雨も少し降り始めた。 常寂光寺 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は京都府京都市の 嵯峨野にある日蓮宗の仏教寺院。山号は小倉山。 百人一首で詠まれる小倉山の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第8弾(最終) 京都高桐院周辺」2014年12月 VOL.2

常照寺 常照寺(じょうしょうじ)は、京都府京都市北区にある、日蓮宗の寺院。 山号は寂光山。旧本山は、身延山久遠寺。親師法縁。 近年、境内が整備され紅葉の名所として人気を集めている。 吉野太夫が寄進した朱色の「吉野門」が 紅葉に溶けこむ。 茶席遺芳庵 吉野太夫の好んだ大丸窓(俗に吉野窓)を配してい。 吉野太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「紅葉狩り 第8弾(最終) 京都大原周辺」2014年12月 VOL.1

2014年11月30日(土)12月1日(月) 京都に行きました。 今年の紅葉狩りもいよいよクライマックス。 初日の天気は快晴!夜から雨。 京都の紅葉は初めてでした。 三千院の紅葉 大原の地は千有余年前より魚山と呼ばれ、仏教音楽の 発祥の地であり、念仏聖による浄土信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都散策 春 桜」2014年4月 VOL.4

2014年4月13日(日) 京都散策2日目後半。 京都御所を見たあと世界遺産の上賀茂神社へ行きました。 京都散策後半は世界遺産中心に散策しました。 上賀茂神社 賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、 京都市北区にある神社。通称は上賀茂神社。 ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都散策 春 桜」2014年4月 VOL.3

2014年4月13日(日) 京都散策2日目スタート。 京都御所の一般公開に行きました。 京都御所 京都御所は、京都府京都市上京区にある皇室関連施設です。 14世紀以来、1869年までの間、内裏、すなわち歴代天皇が 居住し儀式や公務を執り行う場所であった。 宜秋門より入場しました。 宜秋門(ぎしゅう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都散策 春 桜」2014年4月 VOL.2

2014年4月12日(土) 南禅寺より後半戦スタート。 哲学の道をとおり永観堂へ。 哲学の道 哲学の道(てつがくのみち)は京都市左京区にある 琵琶湖疏水分線に沿った歩道である。 永観堂付近にある熊野若王子神社横から始まり、 銀閣寺道バス停付近の白川通今出川交差点まで続く。 哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら 思索に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「京都散策 春 桜」2014年4月 VOL.1

2014年4月12日(土)  京都散策に出かけました。 久々、週末は天気が良くなった。 名古屋出発 am6:30  新名神高速道路を通り、醍醐寺へ向かいました。 醍醐寺 <世界遺産> 9時前に到着しました。 開門は9時からだったので少し待ち、開門と同時に 参拝しました。 醍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「竹生島と京都散策」 2013年12月 VOL.2

2013年12月22日(日)/ 昨日の雨は上がり、晴れ間の少し見える天気。 気温は4度と少し寒いが雪は降らなかった。 少し雪を期待しつつ金閣寺へ向かう。 8:00 ホテル出発⇒9:00 金閣寺着。 鹿苑寺<金閣寺(世界遺産)> 鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記「竹生島と京都散策」 2013年12月 VOL.1

2013年12月21日(土)/ パワースポット竹生島と京都を散策しました。 京都は世界遺産を中心にめぐりました。 京都はワカシャチ漫遊記初登場です。 7:45 出発  天気はあいにくの雨でしたが、長浜港10時5分発の船に乗るため 出発です。 竹生島 琵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記 「回顧録 京都・大阪」 2011年7月13日

7月13日(水) 大阪出張の途中、京都で祇園祭を見る機会がありました。 京都祇園祭 平安時代前期の869(貞観11)年、京で疫病が流行した際、 広大な庭園だった神泉苑(中京区)に、当時の国の数にちなんで66本の鉾を立て、 祇園の神(スサノオノミコトら)を迎えて災厄が取り除かれるよう祈ったことが始まりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more