テーマ:岩手県

ワカシャチ漫遊記 「松島・平泉の旅」 2011年11月 VOL.3

2011年11月3日(木) 中尊寺の見学の後 昼食は岩手名物わんこそばを食べました。 わんこそばの「わんこ」とは、岩手の方言で「お椀」を意味する。 我々の思っていたわんこそばは、岩手県(特に盛岡、花巻などの内陸地方)に 伝わる蕎麦(そば)の一つで、「じゃんじゃん」の掛け声とともに、 手元の椀に放り込まれる一口量のそば。 食べ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワカシャチ漫遊記 「松島・平泉の旅」 2011年11月 VOL.2

11月3日(木) 世界遺産平泉 中尊寺は天台宗の東北大本山です。 創建は嘉祥3年(850)に慈覚大師円仁によって開山されたとされ、 その後奥州藤原氏初代の清衡が長治2年(1105)から中尊寺の再建に着手し、 天治元年(1124)に金色堂が竣工、基本的な伽藍が完成したのは 21年後の大治元年(1126)の時です。 吾妻鏡による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more