アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ワカシャチ漫遊記
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ワカシャチ漫遊記「初詣と四国88ヶ所巡礼 in 高知県」VOL.2
ワカシャチ漫遊記「初詣と四国88ヶ所巡礼 in 高知県」VOL.2 2018年1月7日(日) 高知2日目は朝早くから活動開始。 8時45分、高知駅よりスタートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 22:33
ワカシャチ漫遊記「初詣と四国88ヶ所巡礼 in 高知県」VOL.1
ワカシャチ漫遊記「初詣と四国88ヶ所巡礼 in 高知県」VOL.1 2018年新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 今年の初詣は、高知県に1泊2日で行ってきました。 四国88ヶ所巡礼は残すところ徳島県と高知県になりました。 2018年1月6日(土) 土佐神社 土佐神社は、高知県高知市一宮(いっく)しなねにある神社です。 高知市北東部、南国市へと通じる大坂越えの西麓に鎮座する 土佐神社は、『日本書紀』や『土佐国風土記』(逸文)の記述で知られるように 古代から祀られた古社で、中世・近世には土佐国の総鎮守として 崇... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 19:39
ワカシャチ漫遊記第2章「だるま夕日と見残し海岸散策」VOL.2
ワカシャチ漫遊記第2章「だるま夕日と見残し海岸散策」VOL.2 2017年12月3日(日)/ 高知県全域で現在、幕末維新博が開催されている。 今年は、坂本龍馬没後150年、大政奉還150年にあたる年です。 四万十・足摺エリアの会場を訪れました。 宿毛市立宿毛歴史館 四国の西南端に位置する高知県宿毛市。 その宿毛の歴史やゆかりの人物について、 模型や遺品などの展示品とともに、映像、 パネルを用いて分かりやすく紹介している。 日本の中央から遠く離れたこの地から日本を動かした 多くの偉人がなぜ生まれたのか、宿毛の21人の足跡を巡り、 文教... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 22:15
ワカシャチ漫遊記第2章「だるま夕日と見残し海岸散策」VOL.1
ワカシャチ漫遊記第2章「だるま夕日と見残し海岸散策」VOL.1 2017年12月2日(土)1泊2日で 高知県の足摺岬まで行ってきました。 今回の旅の目的は、 @四万十ドラマのモンブランを食べること。 A宿毛でだるま夕日を見ること。 B愛南の民宿大下のクエ鍋と伊勢エビを食べること。 C高知県西エリアの四国霊場2カ所参拝。 D10年前にお訪れた竜串で見残した海岸を見ること。 松山から高速で宇和島へ行き、あとは下道で南下します。 7:00 松山市の自宅を家を出発。 9:30 四万十町の道の駅四万十とおわに到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/05 04:04
ワカシャチ漫遊記第2章「砥部焼まつりと面河渓紅葉」2017年11月
ワカシャチ漫遊記第2章「砥部焼まつりと面河渓紅葉」2017年11月 2017年11月4日(土)砥部焼まつりに行きました。 砥部焼 砥部焼(とべやき)は、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器で、 一般には、食器、花器等が多い。愛媛県指定無形文化財。 後背の山地から良質の陶石が産出されていたことから、 大洲藩の庇護のもと、発展を遂げた。 やや厚手の白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が特徴。 他窯の磁器と比較して頑丈で重量感があり、ひびや欠けが入りにくいため 道具としての評価が高い。 お祭りとしてはこじんまりとしたものでした。 夕方行った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 07:00
ワカシャチ漫遊記第2章「仁淀川散策」2017年10月
ワカシャチ漫遊記第2章「仁淀川散策」2017年10月 2017年10月1日(日) 日本一美しい川“仁淀川”を散策しました。 仁淀川 仁淀川はその源を愛媛県の石鎚山 (標高1982m)におき、 愛媛県から高知県の7市町村を経由して太平洋へと注ぐ、 流路延長124km、流域面積1560平方kmの清流で、 四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つです。 仁淀ブルー 高知県の清流といえば四万十川が有名ですが、 水の透明度では仁淀川が勝ります。 川底がくっきりと見えるほどに澄み切った美しい清流は、 普段はエメラルドグリーンに近い色をた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 00:26
ワカシャチ漫遊記第2章「西条市散策」2017年9月
ワカシャチ漫遊記第2章「西条市散策」2017年9月 2017年9月16日(土)〜18日(月)3連休。 16日(土)台風接近、17日(日)台風直撃、夕方松山市にも避難勧告。 18日(月)台風一過、晴天でした。 本来は3連休で徳島へ行く予定でした。 初日、/「没後20年司馬遼太郎展」へ行ってきました。 愛媛県美術館で本日(16日)より開催されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 19:58
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.4
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.4 2017年9月9日(土) 松山市内散策。 大林寺 松山藩初代藩主松平隠岐守定行公は、 父定勝の卒去により、遺領桑名藩11万石を継承します。 その後、隠岐守に転任し従四位下に昇進。 1635年家光の命により4万石の加増をもって伊予松山藩に移る。 松山城の天守を5重から3重に改築した。 定行公が、松山城主となると、松山城下の味酒町にあった 禅宗見樹院へ父定勝公を祀り、寺号を崇源院と改めました。 崇源院は、2代将軍秀忠公の御台所浅井氏の院号と同じであったので、 それに遠慮して、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 09:30
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.3
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.3 2017年9月9日(土) 先週と今週2週にわたり松山市内を散策しました。 今週は、三津浜エリアと城北エリアを追加し散策しました。 愚陀仏庵跡 正岡子規が療養のために居候し、1階に正岡子規、 2階に夏目漱石が住み、52日間共に過ごし、 俳句づくりに没頭しました。 小説「坊ちゃん」はここで過ごした松山での 教師体験を元に生まれました。 この「愚陀佛庵」という名前は夏目漱石の自分の俳号 「愚陀佛」から名付けたという説と、正岡子規が「愚陀佛がいる庵」と 呼称しているところから、正... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 02:02
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.2
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.2 2017年9月3日(日) 正岡子規と夏目漱石の足跡を訪ね松山市内を散策しました。 午前中は坊ちゃん列車乗車と道後エリアを散策しました。 子規誕生地跡 正岡子規は、慶応3(1867)年9月17日正岡常尚の次男として 現在の松山市花園町3-5で生まれました。 子規の本名は常規ですが、近親者からは幼名の 升から「のぼさん」と呼ばれていました。 花園通り沿いに石碑と説明看板が建っているはずですが 工事中で見つけることができなかった。 松山市駅前の通りの並木2本目あたりだそうです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 20:22
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.1
ワカシャチ漫遊記第2章「松山散策」2017年9月VOL.1 2017年9月3日(日) 秋晴れの気持ち良い天気でした。 愛媛新聞社より出ている“「坂の上の雲」の松山を歩く”で 紹介されているスポットを、運動不足の解消を兼ねて、 歩いて散策しました。 道後エリア まずは道後エリアまでは電車です。 初めて坊ちゃん電車に乗りました。 坊ちゃん電車 坊っちゃん列車は、非電化・軽便鉄道時代の伊予鉄道に在籍した 蒸気機関車 (SL) および、そのSLが牽引していた列車です。 夏目漱石の小説『坊つちやん』の中で、軽便鉄道時代の伊予鉄道が 「マッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 00:46
ワカシャチ漫遊記第2章「四国88ヶ所巡礼 in 香川県」
ワカシャチ漫遊記第2章「四国88ヶ所巡礼 in 香川県」 2017年3月18日より四国88ヶ所巡礼をスタートしました。 4月30日に愛媛県25ヶ所巡礼終了。 今回は香川県のお寺を巡礼です。 香川県は徳島県三好市のNo66.雲辺寺から 香川県さぬき市のNo88.大窪寺までの22の寺です。 <4月30日> ◆NO66 雲辺寺 本尊:千手観世音菩薩 住所:徳島県三好市池田町白地ノロウチ763-2 特徴:讃岐一番目の札所。香川県側にロープウエイあり。 本堂脇の「おたのみなす」はあだ花のないナスと「成す」に かけた願掛けの椅子です。 五百... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 14:30
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.4
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.4 8月16日(水)/ 最終日は香川県で最後に一つ残っていたお寺を参拝。 庵治エリアを散策し、うどんを食べて帰りました。 志度寺 志度寺(しどじ/しどうじ)は、香川県さぬき市志度にある真言宗善通寺派の寺院。 四国八十八箇所霊場の第八十六番札所。 山号は補陀洛山、院号は清浄光院。本尊は十一面観音菩薩。 仁王門(国指定重要文化財) 門前町の突き当たり、運慶の力作、仁王像と巨大わらじが迎えてくれる、 全国的にも珍しい三棟造りの堂々とした佇まい。 本堂とともに讃岐藩主、松平頼重により... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 22:46
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.3
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.3 8月15日(火)2日目後半。 阿波おどりに関して 阿波おどりは徳島県(旧・阿波国)を発祥とする盆踊りで、 日本三大盆踊りであり、江戸開府より約400年の歴史がある 日本の伝統芸能のひとつです。 夏季になると徳島県内各地の市町村で開催され、なかでも 徳島市阿波おどりは踊り子や観客数において国内最大規模です。 最近は、赤字を計上しているために、開催も危ぶまれていたが、 今年は何とか開催された。 毎年曜日に関係なく、8月12・13・14・15日(4日間)に開催される。 三味線、太鼓... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 20:38
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.2
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.2 2017年8月15日(火)/ 2日目は午前中に霊場巡りを済ませ午後から徳島に入る。 長尾寺 長尾寺(ながおじ)は、香川県さぬき市長尾西にある寺院。 四国八十八箇所霊場の第八十七番札所。本尊は聖観世音菩薩。 開創は聖徳太子という説もありますが、行基菩薩の説が一般的。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 15:58
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.1
ワカシャチ漫遊記第2章「香川散策と阿波踊り」2017年8月VOL.1 8月14日(月)〜16日(水)高松市に2泊して香川県の 散策と徳島の阿波踊りを見に行きました。 お盆休みの里帰り(広島市⇒東広島市)からの延長で行ってきました。 初日は香川県の霊場巡りと屋島散策です。 瀬戸大橋与島SA 瀬戸大橋は、瀬戸内海をまたいで本州(岡山県倉敷市)と 四国(香川県坂出市)を結ぶ10の橋の総称です。 1978年の着工から9年6ヶ月を経て1988年4月10日供用開始された。 途中の与島SA(坂出市)で最初の休憩をとる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 10:27
ワカシャチ漫遊記第2章「雲の上の町ゆすはら散策」2017年8月
ワカシャチ漫遊記第2章「雲の上の町ゆすはら散策」2017年8月 2017年8月5日(土) 高知県高岡郡梼原町を散策しました。 台風接近中で、梼原は雨でした。 松山からは車で約2時間、愛媛県と高知県の 県境にある町です。 梼原町は町面積の91%を森林が占め、標高1455mにもなる 雄大な四国カルストに抱かれた自然豊かな山間の小さな町です。 町内には日本の夜明けを信じ幕末を駆け抜けた 勤皇六志士の墓地が残っており、 その他にも坂本龍馬や東津野出身の吉村虎太郎たちが 脱藩するために通った道が、昔の趣を残したまま 維新の道・脱藩の道として存在... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 16:34
ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.3
ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.3 2017年7月24日(月)/ 本日神戸から松山へ帰る途中で、 鳴門の渦を見に行きました。 鳴門の渦潮 鳴門の渦潮(なるとのうずしお)は、徳島県鳴門市と 兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮です。 大潮の際には渦の直径は最大で30mに達するといわれ、 渦の大きさは世界でも最大規模といわれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/29 02:16
ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.2
ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.2 2017年7月23日(日) 2日目は神戸から日帰りで京都へ電車で行きました。 どうしても行っておかないといけないお寺がありました。 名古屋から毎年、京都・奈良の世界遺産を訪れていました。 最後に残った世界遺産のお寺が西芳寺(苔寺)です。 西芳寺は、予約が必要で事前に申し込みをしないといけないお寺でした。 あわせて桂離宮も申し込みが必要なため、事前に申し込んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/27 22:56
ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.1
ワカシャチ漫遊記第2章「徳島・淡路島・京都散策」2017年7月VOL.1 2017年7月22日〜24日、来日中の妹・姪っ子が帰国する為、 神戸へ両親・弟家族が集合、宿泊しました。 折角なので、松山より車で行きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 06:47

続きを見る

トップへ

月別リンク

「トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。」 長野 旅行情報
長野 旅行情報
ワカシャチ漫遊記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる