ワカシャチ漫遊記「遠州の旅~お城と紅葉」2012年11月23・24日 VOL.2

11月24日(土)
昨日は浜名湖湖畔のホテルに一泊しました。
浜名湖ロイヤルホテルはクリスマスシーズンということもあり、
クリスマスの演出できれいに飾られていました。
画像

画像

画像


浜松城
永禄11年(1568)、三河から東進し、今川領の制圧を開始した徳川家康は、
駿府に攻め込んできた武田信玄の侵攻に備え、遠州一帯を見渡せる
三方ヶ原の丘に着目。天下を盗るためには、まず信玄を
倒さなければならないと判断した家康は、元亀元年(1570)、
岡崎城を長男の信康に譲り、三方原台地の東南端に
浜松城を築城し駿遠経営の拠点としました。
徳川家康が駿府城に移ったあとの浜松城は、
代々の徳川家とゆかりの濃い譜代大名が守りました。
歴代城主の中には幕府の要職に登用された者も多いことから、
浜松城はのちに「出世城」と呼ばれるようになりました。
画像

画像

浜松城の石垣
自然石を上下に組み合わせて積む堅固な野面積みは、
400年の風雪に耐え、今なお当時の面影を残しています。
画像

徳川家康の像
浜松城公園内にある家康公の像は、
兜印の歯朶を手に現在も浜松を見守っているかのような雰囲気です。
画像

家康公鎧掛松
元亀三年(1572)、徳川家康は三方ヶ原の合戦から浜松城に帰り、
大きな松の木陰で休みました。
そのとき鎧を脱いでその松に掛けたことから、
鎧掛け松と呼ばれるようになりました。
画像


岡崎城
岡崎城は、愛知県岡崎市康生町にあったお城。
徳川家康の生地である。別名、龍城。
画像

岡崎城の天守閣からなんと御嶽山を見ることができました。
画像

家康公遺言
画像


大樹寺
大樹寺(だいじゅじ)は、愛知県岡崎市にある浄土宗の寺院です。
山号は成道山。正式には成道山松安院大樹寺と称する。
徳川氏(松平氏)の菩提寺であり、歴代当主の墓や
歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されている。
画像

画像

大樹寺から岡崎城が眺望でき、
直線状にマンション等の高層建築物を建てることはできない。
岡崎城⇒大樹寺
画像


東公園
東公園は愛知県岡崎市にある公園で、園内には東公園動物園、
花菖蒲園、岡崎市出身の地理学者志賀重昂の墓や銅像、
また同じく岡崎市出身の物理学者本多光太郎の資料館、
世尊寺(釈迦堂)などがある。
紅葉が見頃をむかえていました。入場無料。ライトアップしています。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック