ワカシャチ漫遊記「箱根 中伊豆散策」2013年9月 VOL.2

2013年9月22日(日)
昨日に続き、今日も良い天気でスタートです。
ホテルから朝日もバッチリ見れました。
画像


三浦按針像
伊東市内は宿泊だけで今回は散策をしていない。
途中に寄った三浦按針像。
安土桃山・江戸初期、日本に来た最初のイギリス人で,徳川家康の政治顧問。
本名ウイリアム・アダムズ。
江戸でのアダムスは帰国を願い出たが、叶うことはなかった。
代わりに家康は米や俸給を与えて慰留し、外国使節との対面や外交交渉に際して
通訳を任せたり、助言を求めたりした。
画像


一碧湖
一碧湖(いっぺきこ)は、伊豆半島東岸、静岡県伊東市にある湖。
一碧湖は南東から北西に伸びたひょうたん型をしており、
北西側を大池、市道の橋を挟んで、南東側の比較的小さい面積を沼池と呼ぶ。
火山の火口に水が溜まったもの。伊豆東部火山群の一つである。
およそ10万3500年前に起きた激しい水蒸気爆発によってできた
マールであるとする考えが一般的で、沼池側の窪地も別の爆発でできた火口。
画像


城ヶ崎海岸
城ヶ崎海岸は、静岡県伊東市の南西に位置する海岸で、
富士箱根伊豆国立公園の指定を受けている。
伊豆東部火山群の主に大室山ができた約4000年前の噴火で溶岩が流れ、
海岸線を2km近く埋め立てたことによって形成された。
海岸は溶岩流と海の侵食作用でできた小さな岬と入り江が連続し、
その多くは荒々しい断崖絶壁となっている。
画像

画像


大室山
大室山(おおむろやま)は、静岡県伊東市にある標高580mの火山。
国の天然記念物および富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
火口にはアーチェリー場があった。
画像

山頂へはリフトで登ります。
画像

画像


シャボテン公園
大室山の道路を挟んだ向かいにあるテーマパークです。
今回は時間がなかったので、お土産物屋で買い物のみ。
画像


修善寺
修禅寺は、静岡県伊豆市修善寺にある曹洞宗の寺院。山号は福地山。
正式名称は『福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)』で、
略して福地山修禅寺と呼んでいる。
夏目漱石の「修善寺の大患」、岡本綺堂の「修善寺物語」でも名高い。
画像

画像


独鈷の湯
独鈷の湯(とっこのゆ)は、静岡県伊豆市の修善寺温泉にある史跡的な温浴施設。
伊豆最古の温泉ともいわれる。
温泉地区を流れる修善寺川の川中にあり、土台の岩や大きな石を組んで
浴槽をかさ上げし、湯を楽しめるようになっている。
画像


指月殿と源頼家の墓
修禅寺に対面した鹿山の麓にある。
修善寺温泉で暗殺された源頼家の冥福を祈って、
母政子が指月殿、宋版大蔵経、釈迦三尊繍仏などを修禅寺に寄進したものである。
画像

画像


竹林の小径
朱塗りの桂橋から滝下橋まで桂川に沿って整備された約400mの散歩道。
両側に竹林がのびる石畳の道を、清流のせせらぎを聞きながら散策できる。
画像


修善寺から伊豆の国市へ移動。
国指定史跡 韮山反射炉
幕末期の代官江川英龍(坦庵)が手がけ、
後を継いだその子英敏が完成させました。
反射炉とは、金属を溶かし大砲を鋳造する炉。
稼働した反射炉が現存するのはここだけです。
画像


蛭ヶ小島
 1159年(平治元年)、平治の乱で敗れた源頼朝は平清盛に捕えられたが、
清盛の継母池禅尼の命乞いで、翌年、伊豆国の蛭ヶ小島へ流罪となった。
実際は、伊豆国に配流とのみ伝わっているので、
本当に蛭ヶ小島に流されたのかどうかは不明。
伊豆国で約20年間を過ごした頼朝は、1180年(治承4年)、
ついに源氏再興の兵を挙げる。
画像

「蛭ヶ島の夫婦(ふたり)」と題する頼朝と政子の像
画像


願成就院
願成就院(真言宗)は、1189年(文治5年)、
北条時政が源頼朝の奥州討伐の戦勝を祈願して建立した。
北条三代(時政、義時、泰時)にわたって、次々に堂宇が建立され繁栄を極めた。
伽藍は、奥州平泉の毛越寺を模した構成であった。
しかし、室町時代、北条早雲に攻められた堀越公方の足利茶々丸が
この寺に逃げ込んだことから、戦火に見舞われ衰えた。
さらに豊臣秀吉の小田原攻めにおいても戦火に見舞われ全焼した。
画像

願成就院の国宝
・阿弥陀如来坐像(鎌倉初期 運慶作)
・毘沙門天像(鎌倉初期 運慶作)
・不動明王像(鎌倉初期 運慶作)
・こんが羅童子像(鎌倉初期 運慶作)
・制た迦童子像(鎌倉初期 運慶作)
・塔婆形銘札四枚(鎌倉初期)
間近で国宝を見ることができる、意外と見ごたえのあるお寺でした。

守山八幡宮
北条氏ゆかりの願成就院の後方、守山の中腹にある守山八幡宮は、
647年(大化3年)、大山祗神を祭神として創建され、907年(延喜7年)、
宇佐八幡宮の八幡神が勧請され合祀された。
1180年(治承4年)には、源頼朝が源氏再興を祈願して挙兵している。
画像


成福寺
鎌倉幕府第8代執権北条時宗の第三子正宗が、
鎌倉幕府が滅亡した1333年(元弘3年)に北条一族の菩提を
弔うために建立したのがはじまりで、
正宗の長子宗仁がこれを修造し成福寺となった。
正宗は、時宗が死ぬと鎌倉を離れ、北条氏の故郷であるこの地に、
両親の遺骨の一部を持ち帰るとともに、
北条一族の菩提を弔った。蓮の寺としても有名。
画像


中伊豆の締めは私の会社の石井さんが(伊豆出身)教えてくれた
ひょうたん寿司にお寿司を食べに行きました。
このあたりでは有名なお寿司屋さんだそうです。
画像

石井さんありがとう!ごちそうさまでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック