ワカシャチ漫遊記「南信州散策」2014年4月

2014年4月26日(土)
南信州を散策しました。
今回は、いつもお世話になっている、Nリースの高橋様から
情報をいただきました。高橋様ありがとうございます。
早速、ご報告いたします。
しらびそ高原
しらびそ高原は長野県飯田市上村にある、標高1918mの高原。
「しらびそ」とは、マツ科モミ属の樹木であるシラビソに由来する。
高原からは南アルプスの山並みが一望でき、天気がよければ
北アルプス、中央アルプス、御嶽山や恵那山まで見渡せる。
また、本州有数の天体観測スポットとして知られている。
高原の麓は、りんごの花・花桃がきれいに咲いていました。
画像

峠付近はまだ雪が残っています。
画像

しらびそ峠
南アルプスの山々が綺麗に見れました。
画像

画像

ハイランドしらびそからの眺め
画像

御池山隕石クレーター跡
御池山クレーター(おいけやまクレーター)は、隕石衝突による痕跡が
日本で初めて確認された唯一のクレーターである。
このクレーターは直径約900メートルで、現在残っているのは
全体の40パーセントほどである。
画像

画像

下栗の里
下栗の里は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある
標高800m〜1,000mの地区です。
最大傾斜38度の傾斜面に点在する耕地や家屋は、
遠山郷を代表する景観を作りあげています。
平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれました。
画像

「日本のチロル」と表現されるほどの絶景地です。
画像

標高が高いため、桜は今の時期で満開でした。
画像

はなもも街道
伊那谷と木曽谷を結ぶ国道256号線は「はなもも街道」と呼ばれ、
飯田IC周辺から、水引の里、天竜峡、伊那谷道中、
阿智村(駒場、昼神温泉、月川温泉)、清内路を通り
南木曽町(富貴畑温泉、南木曽温泉、妻籠宿)までの街道沿いに
数千本の花桃が植えられています。
阿智村では、駒場地区、昼神温泉、月川温泉、清内路地区を中心に見られます。
月川温泉付近を散策しました。
花桃はまだ3~5部咲といった感じでした。
画像

画像

画像

黒船桜
飯田・下伊那の中でも目を引く「しだれ一本桜」です。
ペリー来航時に植えられた「しだれ桜」で黒船桜と呼ばれます。
枝振りが良く一本の木とは思えない花をつける。
村指天然念記念物。阿智村清内路にある。
画像

駒つなぎの桜
源義経が奥州に下る時、馬をつないだといわれる大きな桜の木が、
旧道と林道との分岐点に近い水田の端にあります。
樹勢はさかんで、春には美しい花に飾られます。
画像

画像


ワカシャチ満腹日記
せっかく飯田まで来たので、夕食は少し足を伸ばして
駒ヶ根まで行きました。
目的はソースカツ丼です。
駒ヶ根に来た時はいつも「明治亭」で食事をします。
ボリューム満点のロースカツ丼です。
画像

画像

エビフライももなかなか美味しいです。
画像


今回も、食べてよし、見てよしの一日でした。
いよいよ桜も今シーズンは終わりです。

高橋さんありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック