ワカシャチ漫遊記「可睡ゆりの園 形原温泉 あじさいの里散策」2014年6月

2014年6月15日(日)
梅雨の時期の貴重な晴れの日。
今月のテーマ、花を見に静岡県袋井市と
愛知県蒲郡市に行ってきました。

可睡ゆりの園
静岡県袋井市久能にある可睡斎の東側丘陵地3万坪に
可睡ゆりの園はあります。
ここは、毎年5月下旬から7月上旬にかけて、
世界150余品種200万球のゆりが一面に花開きます。
園内は日本庭園としても整っており、茶室では抹茶を
楽しむことができるほか、ゆり天ぷらなどの昼食もとることができます。
画像

黄色エリア
画像

画像

五色混色エリア
画像

画像

ゆり根の天ぷら
ホクホクして美味でした。
画像


可睡斎
可睡斎(かすいさい)は、静岡県袋井市久能にある
曹洞宗の寺院で寺紋は丸に三つ葵である。
山号は萬松山。本尊は聖観音(しょうかんのん)。
遠州三山の1つ。
徳川家康が、幼い頃武田信玄の軍から逃れ父と共に
匿われた礼に訪れた際、席上で居眠りをする
仙麟等膳和尚を見た家康は「和尚我を見ること愛児の如し。
故に安心して眠る。われその親密の情を喜ぶ、和尚 、眠るべし」と言い、
以来和尚が「可睡和尚」と呼ばれたことから、
いつしか本来東陽軒であった寺の名も可睡斎となった。
家康が父と共に隠れたとされる洞窟は六の字穴として今も残っている。
画像

可睡斎のもうひとつのスポット。
TV「ナニコレ珍百景」で紹介された男女兼用の緊張するトイレ。
仏像のあるトイレで、 烏蒭沙摩明王を祀る。
画像

画像

緊張しながら用を足しました。

形原温泉 あじさいの里
愛知県蒲郡市にある形原温泉・あじさいの里は、
毎年6月での1ヶ月間、5万株のアジサイが咲き乱れる中で、
あじさい祭りを開催されている。
過去に1度訪れたことがあったが、満開ではなかったが、
今回は見頃を迎えていた。
画像

画像

画像

画像


2週続けて梅雨の時期の晴れの土日。
満喫できました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック