ワカシャチ漫遊記「伊豆 梅・さくら・菜の花」2015年2月 VOL.1

2015年2月28日(土)3月1日(日)伊豆に出かけました。
今回は、修善寺の梅と、河津桜の花見と、
西伊豆散策が主な目的でした。
2月28日(土)
絶好のドライブ日和。
朝6時に名古屋を出発。
新東名長泉沼津から伊豆縦貫自動車道に入るがすでに渋滞。
修善寺到着は11時半と出発から5時間半。
まずは修善寺梅林を散策しました。
修善寺梅林は、樹齢100年を越える古木や
樹齢30年程度の若木を合わせて20種
1000本の紅白梅が植えられています。
20分の散策コースを歩きました。
画像

梅は見ごろを迎えていました。
ここの梅園からは、富士山を見ることができ、
とても贅沢なロケーションでした。
画像

12時30分 そして再び渋滞の道を河津町へ。
本来なら、途中、河津七滝周辺を散策したかったが車窓からになった。
河津七滝ループ橋を過ぎるといよいよ目的地に近づきます。
直径80m 高さ45m 全長1064m 昭和56年開通。
画像

15時30分 ようやく河津町へ到着。
何とか、日が沈むまでに到着できた。

今年最初の桜情報。伊豆 河津桜。です。
以前、散る間際の河津桜を見ましたが、
今年は満開の桜を見ることができました。
一足早く、春を満喫です。
河津桜
河津桜の原木は、河津町田中の飯田勝美氏(故人)が
河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽咲いているさくらの苗を見つけて、
現在地に植えたものです。
一方、県有用植物園(現農業試験場南伊豆分場)は、
賀茂農業改良普及所、下田林業事務所(現伊豆農林事務所)や
河津町等と、この特徴ある早咲き桜について調査をし、
この桜は河津町に原木があることから、
カワヅザクラ(河津桜)と命名されました。
カワヅザクラはオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の
自然交配種と推定されています。
画像

画像

画像

画像

画像


今年は、天気も良く、桜も満開。最高のスタートとなった。

追伸:今回の宿泊先を紹介します。
伊豆の白浜にあるペンション“シーサイド白浜”に宿泊しました。
なんといっても夕食・朝食は大満足でした。
オーナーシェフはレストラン馬鈴薯も経営しており、味はGOOD。
話もとても面白かった。
画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック