ワカシャチ漫遊記「乗鞍散策」2015年10月

2015年10月4日(日)/
乗鞍岳に行ってきました。
天気が2日間晴れる予報だったので出かけてみました。
乗鞍岳
乗鞍岳は、飛騨山脈(北アルプス)南部の長野県松本市と
岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を
主峰とする山々の総称。
山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰、
朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など
23の峰があり、広大な裾野が広がる。
乗鞍スカイラインはマイカー規制中のため、
ほうのき平駐車場でバスに乗り換え
乗鞍岳の畳平まで行きます。
ほおのき平バスターミナル
画像
畳平の朝9時の天候です。晴れていたはずなのに・・・
画像

30分に1本の割合で畳平にはバスが出ます。
今日は日曜日ということもあり、増便されていました。
バスで約40分、車窓からは紅葉を見ることができました。
alt画像

畳平
乗鞍山頂畳平は、長野県側からの乗鞍エコーラインと、
岐阜県側からは平湯峠を経て高所を走る乗鞍スカイラインの
双方の終着点です。
乗鞍山頂畳平は、標高2702mで、乗鞍神社本宮や宿泊施設、
郵便局、売店・食堂のある乗鞍バスターミナル前には鶴ケ池があります。
畳平は、乗鞍岳剣ヶ峰(のりくらけんがみね)の登山や、
魔王岳、大黒岳、富士見岳など登山の拠点地でもあります。
また、畳平の下には、お花畑が広がっており整備された遊歩道を
周回しながら高山植物を楽しむことができます。
画像

画像

この時期のお花畑には何も咲いていなかった。
画像

ライチョウの碑
画像

大黒岳(2772m)
畳平の駐車場から鶴ヶ池の横をとおり、県境ゲートの脇から
山頂へ登る途中がご来光スポットとなっています。
頂上には避難小屋があります。
今回は、とても寒い上に強風で、避難小屋があって助かりました。
画像

画像

大黒岳からの360℃の景色
富士山方面
画像

大雪渓方面
画像

畳平方面
画像

剣ヶ峰方面
画像

2回目の乗鞍は強風の寒い日となりました。
紅葉もまだ少し早かったかも。
帰りは、もう一つの目的
奥飛騨温郷・平湯温泉でゆっくり温まって帰りました。
ひらゆの森
平湯温泉「ひらゆの森」は原生林が生い茂る
1万5千坪もの広大な敷地に、男女合わせて16の
露天風呂・レトロな大浴場・吹き抜け合掌造りの
休憩処・宿泊施設・食事処・コテージが連なる
中部圏を代表する温泉リゾートです。
ひらゆの森のある平湯温泉は、奥飛騨温泉郷で
最も古い歴史があり、温泉の湧出量は毎分7500リットル以上。
すべてのお風呂が源泉かけ流し。
■泉質
 含硫黄ナトリウム・カルシウム・マグネシウム炭酸水素塩泉
 (天然温泉かけ流し・源泉温度64度)
■効能
 神経痛・冷え性・皮膚病など
500円で満足でした。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック