ワカシャチ漫遊記「木曽駒ヶ岳千畳敷カールと駒ヶ根散策」2015年10月

2015年10月10日(土)
木曽駒ヶ岳千畳敷カールへ行ってきました。
木曽駒ヶ岳
木曽駒ヶ岳は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる
標高2,956mの山で、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰です。
木曽前岳 (2,826m)、中岳 (2,925m)、伊那前岳 (2,883m)、
宝剣岳 (2,931m) を含めて木曽駒ヶ岳と総称する場合もあります。
画像

千畳敷カール
千畳敷カールは、宝剣岳の直下に広がる氷河地形(圏谷・カール)のこと。
千畳敷カールの麓には、通年営業の駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅があり、
登山客の玄関口となっている。
画像

これまで春先の雪に覆われている千畳敷と、夏のお花畑を見に来きました。
今回は初めて紅葉シーズンに訪れました。
先週と同じで、天気は快晴の予報を見てきましたが、快晴とはならず。
朝、6時45分家を出発。3連休での混雑を考え早めの出発。
駒ヶ根IC降りてすぐの菅の台バスセンターでバスに乗り換え。
3連休で臨時のバスが15分間隔くらいで出ていました。
9:00 菅の台バスセンター発
画像

しらび平駅
葉先の白いモミの木に似た木「シラビソ」のなだらかな
原生林を切り開いて造られたことから「しらび平」と呼ばれています。
標高1,662mに位置する、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの山麓駅で、
山頂の千畳敷駅(2,612m)との標高差950mも日本一です。
菅の台からは約40分で到着します。
画像

幸いなことに、混雑はまだしていなく、20分待ちでロープウェイに乗れた。
しらび平から千畳敷まで架けられた、高低差日本最高の駒ヶ岳 ロープウェイ。
7分30秒で一気に千畳敷駅まで登ります。
千畳敷は、薄曇り、気温は6℃、微風でした。
画像

画像

まずは駅の裏手にでて南アルプス連峰と駒ヶ根市内を望む。
初めて、富士山を見ることができて感動。
画像

千畳敷カールまで降りていき、お花畑を散策。剣が池付近にて休憩。
当然、花は咲いてなく、千畳敷の紅葉もすでに終わっていました。
画像

南アルプス連峰を見ながら少し早い昼食。
画像

11:30 再びしらび平駅へ。
しらび平駅周辺で紅葉狩り。
20分くらい歩くと、日暮れの滝に行けます。
画像

画像

13:00 菅の台バスセンター着。
現在の駒ヶ岳周辺の紅葉は、2000m付近がメインです。
ロープウエイからの景観が良いです。

時間があったので駒ヶ根IC付近を散策しました。
駒ヶ池
ちょうど去年の秋に、駒ヶ根高原リゾートリンクスに宿泊した際に
ホテルの前の駒ヶ池を散策しました。
今年は快晴とはいかなかったが、いつ来てもロケーションは良いところです。
画像

宮田宿本陣旧新井家住宅
宮田村町区の宿場町にあった伊那街道に唯一残る江戸時代の本陣。
宿場町のほぼ中央にあった建物を、創建当時の姿に移築復元したものです。
宮田宿は飯田藩主が参勤交代で江戸に向かう時、
この地を宿泊地としたことや、伊那谷一の荒れ川太田切川を
南に控えていたことから、伊那街道の要衝として賑わいました。
画像

信州マルス蒸留所(マルスウイスキー)工場見学
本坊酒造
甲類焼酎「宝星焼酎」や本格焼酎「桜島」、「石の蔵から」、
ウイスキー「マルスウイスキー」、ワイン「マルスワイン」などを
製造・販売している。
九州に本社を置く醸造業としては酒類の種類が最も多く、
日本ではサントリーや宝酒造と並ぶ“総合酒類メーカー”の一つに挙げられる。
長野県の工場では、ワインとビールを製造している。
マルスウイスキーは地ウイスキーの中でも西の雄と言われ、
当初、鹿児島で始まった蒸留は、本格的なウイスキー造りの
理想の地を求め、昭和35年からの山梨時代を経て、
昭和60年に長野県駒ヶ岳山麓の信州マルス蒸留所へ
受け継がれ現在に至ります。
画像

竹鶴レポートと岩井ポットスティル
国産ウイスキーの生みの親として知られる故竹鶴政孝氏。(マッサン)
当時、24歳だった竹鶴氏に日本の本格ウイスキーの夜明けを託し、
上司として彼を英国に送り出した男。
その人こそ、マルスウイスキーの生みの親、故岩井喜一郎氏です。
竹鶴氏は、スコットランドにおけるウイスキー研修の結果を
「ウイスキー報告書」にまとめ、岩井喜一郎氏に提出しました。
それこそ、後に国産ウイスキーの原点となった
「ウイスキー実習報告書」通称「竹鶴レポート」です。
マルスウイスキーは、その岩井氏の指導のもとに設計された
ポットスティルによって造られた原酒を元に誕生しました。
画像

ウイスキー・梅酒・ブドウジュースの試飲ができました。
養命酒駒ヶ根工場見学
(養命酒製造株式会社駒ヶ根工場)
36万平方メートルの森林の中にある養命酒の工場を無料で見学。
アテンダーの方が、ビデオ上映、施設の案内をしてくれます。
標高800mの高原の地形をうまく利用した工場で、
電線などはすべて地中にあり、景観も良い。
画像

画像

養命酒・お酢・スパークリング・フルーツのお酒の試飲ができました。

紅葉狩りと工場見学の1日でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック