ワカシャチ漫遊記「京都紅葉狩りと世界遺産」2015年12月 VOL.1

12月6日(日)
弾丸日帰りで、京都に行ってきました。
今シーズンの紅葉の最後にふさわしい場所を
選んでみました。
また京都の世界遺産で見逃している場所も
訪問しました。
京都岩倉 實相院
実相院(じっそういん)は、京都市左京区岩倉にある仏教寺院。
宗派は単立(元天台宗寺門派)、開基(創建者)は、静基(じょうき)、
本尊は不動明王(鎌倉時代作の木像)。
門跡寺院の1つである。岩倉実相院門跡とも呼ばれる。
「床もみじ」は見ごたえあります。
画像

画像

画像

曼殊院門跡
曼殊院(まんしゅいん)は京都市左京区一乗寺にある
天台宗の仏教寺院である。山号はなし。
本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は是算(ぜさん)である。
竹内門跡とも呼ばれる門跡寺院
(皇族・貴族の子弟が代々住持となる別格寺院のこと)であり、
青蓮院、三千院(梶井門跡)、妙法院、毘沙門堂門跡と並び、
天台五門跡の1つに数えられる。
国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集をはじめ、
多くの文化財を有する。
画像

画像

曼殊院門跡⇒圓光寺⇒詩仙堂は歩いて廻れる距離で、
途中の紅葉も風情があります。
画像

圓光寺
圓光寺(えんこうじ)は、京都市左京区一乗寺にある
臨済宗南禅寺派の寺院。
山号は瑞巌山(ずいがんさん)、開山は閑室元佶(三要)、
開基(創立者)は徳川家康。
当寺では徳川家康の命により、日本における初期の
活字本の一つである「伏見版」の印刷事業が行われた。
十牛の庭と呼ばれる庭園には洛北で最も古いと言われる
栖龍池(せいりゅうち)と水琴窟がある。
画像

画像

水琴窟の音色は素晴らしい。結構大きい音で、よく聞こえました。
画像

詩仙堂
詩仙堂は徳川家の家臣であった石川丈山が
隠居のため造営した山荘である。
名前の由来は、中国の詩家36人の肖像を掲げた詩仙の間による。
詩仙は日本の三十六歌仙にならい林羅山の意見をもとめながら
漢晋唐宋の各時代から選ばれた。
肖像は狩野探幽によって描かれ詩仙の間の四方の壁に掲げられている。
鹿威しの音が風情あります。
画像

画像

画像

蓮華寺
蓮華寺(れんげじ)は京都市左京区にある天台宗の寺院。
山号は帰命山(きみょうざん)。近世初期に造営された
池泉鑑賞式庭園によって知られる。
「額もみじ」が有名。修学旅行生はNGなど徹底しています。
画像

画像

柱を額縁にして室内から外の紅葉を見ると絵画のように・・・
画像

画像

世界遺産 下鴨神社
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にある神社。
通称は下鴨神社(しもがもじんじゃ)。
式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。
画像

画像

画像

画像

生まれた年毎にお参りもできます。私は卯年。
画像

この辺りまで来ると、人が増え始めた。特に外国人が。
ここまで飲まず食わずで一気に回ってきました。
並んで待つこともなく、ゆっくり鑑賞できました。
VOL2へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック