ワカシャチ漫遊記「諏訪湖 全国新作花火競技大会」2016年9月

2016年9月3日(土)
第34回全国新作花火競技大会」を見に、
長野県諏訪市の諏訪湖を訪れました。
大会は、諏訪市の上諏訪温泉諏諏訪湖畔で開かれます。
全国各地の新鋭花火師25人が美と技を競い、
約1万8千発が打ち上げられます。
大会に出場するのは経験年数25年以下の煙火師で、
使用するのは10号玉2発と3号玉10発。
独創性や技術で腕を競います。
協議の合間のスターマインは、大迫力で大満足でした。
ちなみに見物客は約30万人。
8月の花火大会は約50万人。
8月に比べれば規模も人でも小さい。
◇チケット購入
事前にローソンでチケット(石彫公園有料自由席)を購入しました。
@3,000円×2枚。
現地についてびっくり。
@2,500円で当日券は販売していました。
早めに行けば当日券を買うほうが安い。
◇駐車場と渋滞情報
お昼の1時過ぎに到着。
すでに無料の駐車場は満車。
ヨットハーバーの駐車場は空いているが3,000円。
同じ距離にあるパチンコ屋の駐車場1,000円を利用する。
往路:1時過ぎはまだ十分駐車場はあり渋滞もなし。
復路:諏訪いICまで約1時間半。大渋滞です。
◇3時入場まで周辺散策
公園は2時半までは自由に歩けます。
画像

今日の観覧席のエリア。
画像

片倉館
片倉館(かたくらかん)は、長野県諏訪市上諏訪温泉の温泉施設である。
会館、浴場、渡廊下の3棟が国の重要文化財に指定されている。
深さ1.1メートルの千人風呂で有名。
片倉館(2F休憩室)は映画「テルマエロマエ」で草津温泉を散策中、
ふと遊技場に立ち寄ったルシウス(阿部寛)が初めて目にする
卓球やモグラたたきに興味津々になるシーンを撮影。
画像

画像

諏訪市美術館
諏訪市美術館は長野県最初の公立美術館としてオープン。
昭和18年に建てられた片倉製糸の「懐古館」を当時の趣のまま
美術館として利用しています。
画像

明治後期から諏訪地方で発展した製糸業の中心的存在、片倉財閥により
欧米の健康福祉施設を参考に地域住民のための福利厚生施設として、
1928(昭和3)年に「片倉館」が造られました。
その後付属施設として「懐古館」が併設され、
美術品や蚕糸関係の展示が行われました。
1950(昭和25)年、懐古館は諏訪市に寄贈され、
1956(昭和31)年「諏訪市美術館」として開館しました。
県内では最も古く、また国内でも5番目に古い公立美術館と言われています。
2011(平成23)年、和風の意匠でまとめた美術館と、
洋風意匠の片倉館(国重要文化財)が相まって諏訪湖畔独特の景観に
貢献していると評価され、国の登録有形文化財となりました。
◇3時開門
周辺散策をして余裕をかましていたが、開門前にはすでに長蛇の列。
慌てて列に並ぶがかなり後方。
1・2・3番ゲートが入場口。
3番ゲートが一番中央に近い。
約2,000席は確保できるスペースはあるので急ぐことはないが、
最前列で見るためには早めに並ぶことと、海に立っている
湖衣姫(こいひめ)の像をうまくかわせる位置を確保するにも
早めの入場が望ましい。
いったん席を確保すると3時半以降は再入場の券をもらい
自由に外出できる。
今回は玉砂利の上に場所を確保しましたが前に2列人がいました。
画像

◇7時開演
待つこと4時間。
始まるころにはほぼ満席状態。
画像

諏訪市長のあいさつで打ち上げ開始。(カウントダウン)
今日のように暑く、炎天下で待つときは、テントなどぎりぎりまで
貼って日陰を作り待つことがBEST。
画像

スターマイン・オープニング
https://youtu.be/XmMmJ9Xp5EE
スターマイン・豪華絢爛100連発
https://youtu.be/-NPHXlLdZgg
水上スターマイン
https://youtu.be/7HcfXmhEXC8
◇8時15分終了
車が大渋滞。
諏訪INまで1時間半かかる。
※8月開催の花火大会は50万人の人出で、
今日よりさらに時間はかかるようだ。
迫力満点の花火に感動。
帰宅は深夜2時を大きく周っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 全国新作花火競技大会は水上スターマインが有名

    Excerpt: 全国新作花火競技大会は、諏訪湖で毎年9月の第1土曜日に開催される若手花火師による競技大会だ。19時30分からの1時間に約1万8千発が打ち上げられる。有料の桟敷席がある。大会の最後に、名物の水上スターマ.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2017-11-16 12:06