ワカシャチ漫遊記第2章「四国88ヶ所巡礼 in 香川県」

2017年3月18日より四国88ヶ所巡礼をスタートしました。
4月30日に愛媛県25ヶ所巡礼終了。
今回は香川県のお寺を巡礼です。
香川県は徳島県三好市のNo66.雲辺寺から
香川県さぬき市のNo88.大窪寺までの22の寺です。
<4月30日>
◆NO66 雲辺寺
本尊:千手観世音菩薩
住所:徳島県三好市池田町白地ノロウチ763-2
特徴:讃岐一番目の札所。香川県側にロープウエイあり。
本堂脇の「おたのみなす」はあだ花のないナスと「成す」に
かけた願掛けの椅子です。
五百羅漢像見逃した!
◆NO67 大興寺
本尊:薬師如来
住所:香川県三豊市山本町辻4209
特徴:4月の「うどん接待」が有名。
◆NO68 神恵院(じんねいん)
本尊:阿弥陀如来
住所:香川県観音寺市八幡町1-2-7
特徴:同じ境内に2寺が同居する珍しい造の寺。
◆NO69 観音寺
本尊:聖観世音菩薩
住所:香川県観音寺市八幡町1-2-7
特徴:回遊式庭園「巍々園」は春のつつじが見どころ。
画像

<5月1日>
◆NO70 本山寺
本尊:馬頭観世音菩薩
住所:香川県三豊市豊中町本山甲1445
特徴:平野に凛とそびえる五重塔が目印。
本堂は香川県県内の札所では唯一国宝!
◆NO71 弥谷寺(いやだにじ)
本尊:千手観音菩薩
住所:香川県三豊市三野町大見乙70
特徴:標高382mの弥谷山にある寺。
ぎりぎりの時間でバスに乗り山頂へ!歩くと大変。
◆NO72 曼荼羅寺
本尊:大日如来
住所:香川県善通寺市吉原町1380-1
特徴:弘法大師の故郷善通寺市に入っての初の札所。
◆NO73 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)
本尊:釈迦如来
住所:香川県善通寺市吉原町1091
特徴:奥の院のある我拝師山は弘法大師が命懸けで仏に問うた山です。
画像

◆NO74 甲山寺(こうやまじ)
本尊:薬師如来
住所:香川県善通寺市弘田町1765-1
特徴:満濃池の修築工事を任された弘法大師がその報奨金の一部で
ここに堂宇を建立した。
◆NO75 善通寺
本尊:薬師如来
住所:香川県善通寺市善通寺町3-3-1
特徴:真言宗善通寺派の総本山。高野山の金剛峯寺、
京都の東寺とともに弘法大師三大霊場とされる。
お戒壇巡りあり。再現した大師の声が聴けます。
◆NO76 金倉寺(きんぞうじ)
本尊:薬師如来
住所:香川県善通寺市金蔵寺町1160
特徴:弘法大師の甥、智証大師円珍の誕生寺。
画像

◆NO77 道隆寺
本尊:薬師如来
住所:香川県仲多度郡多度津町北鴨1-3-30
特徴:境内には255体の観音像が並んでいる。
◆NO78 郷照寺
本尊:阿弥陀如来
住所:香川県綾歌郡宇多津町西町1435
特徴:「厄除けうたづ大師」として親しまれている。
数え年の数だけ石段に1円玉を置いて厄払いをします。
◆NO79 天皇寺
本尊:阿弥陀如来
住所:香川県綾歌郡宇多津町西町1435
特徴:「厄除けうたづ大師」として親しまれている
画像

<8月14日>
◆NO80 国分寺
本尊:十一面千手観世音菩薩
住所:香川県高松市国分寺町国分2065
特徴:聖武天皇の勅願により行基が建立した讃岐の国分寺。
◆NO81 白峯寺
本尊:千手観世音菩薩
住所:香川県坂出市青海町2635
◆NO82 根香寺(ねごろじ)
本尊:千手観世音菩薩
住所:香川県高松市中山町1506
特徴:五色台のひとつ青峰にある寺。
牛鬼の像を見逃す!
◆NO83 一宮寺
本尊:聖観世音菩薩
住所:香川県高松市一宮町607
特徴:讃岐一宮のお大師さんとして信仰を集める寺。
画像

◆NO84 屋嶋寺
本尊:十一面千手観世音菩薩
住所:香川県高松市屋島東町1808
特徴:瀬戸内海に突き出る景勝地で、源平の壇ノ浦合戦場にも近い屋島に建つ寺。
◆NO85 八栗寺
本尊:聖観世音菩薩
住所:香川県高松市牟礼町牟礼3416
特徴:目の前に標高376.5mの五剣山がそびえる霊地に建つ山寺。
ケーブルカーで山頂へ。
画像

<8月16日>
◆NO86 志度寺
本尊:十一面観世音菩薩
住所:香川県さぬき市志度1102
特徴:広い境内に多数の堂宇が点在する名刹。
<8月15日>
◆NO87 長尾寺
本尊:聖観世音菩薩
住所:香川県さぬき市長尾西653
特徴:「長尾のお観音さん」と呼ばれ、住民の憩いの場となっている寺。
◆NO88 大窪寺
本尊:薬師如来
住所:香川県さぬき市多和兼割96
特徴:標高787mの女体山の麓にある結願の札所で、
女性の入山が古くから許されたため「女人高野」とも呼ばれる。
巡礼を終えた遍路が奉納したおびただしい数の金剛杖が立てかけられている。
画像

愛媛県・香川県の霊場巡りが終わりました。
四国88ヶ所巡りの締めくくりには、
大窪寺へもう一度訪ね、高野山へも報告に行きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック