ワカシャチ漫遊記第3章「名古屋満腹日記」2019年7月VOL.1

2019年7月12日(金)~15日(月)今年は延4日間の名古屋旅してきました。
今年は香川県に転勤したこともあって、前乗りが可能となりました。
会社から帰り、バスで高松駅へ移動。
20:10高松発 マリンライナー62号で岡山駅へ。
DSC_1056.JPG
DSC_1063.JPG
21:13岡山発 のぞみ96号で名古屋へ。22:50名古屋到着 
到着後、東山線でホテルへ移動。錦にあるグレイスイン名古屋で3泊します。
DSC_1068.JPG
DSC_1074.JPG
本日の夜食。
1年ぶりの名古屋で、高まる気持ちを抑えきれず、ホテル到着後栄へ。
深夜にもかかわらず、大勢の人で街は賑わっていた。
昔よく行った、カレーうどんの龍は残念ながら閉まっていた。
錦のカレーうどんを食べた。
名古屋の夜は、カレーうどんが何故か人気です。
名古屋カレーうどん
スープは、ラーメンのスープなどに使用される鶏ガラスープをベースに、インドカレーばりに何種類ものスパイスを独自にブレンドし、
辛み・香りを出した上でカレールウを作り、さらに魚介類系の和風だしを加えて作る。
スパイス・ダシのブレンドは、店ごとに異なり、それが店ごとに異なった多様な味を演出している。
ルウのとろみを出すのは、全国版のカレーうどんと異なり、片栗粉ではなく小麦粉で、この「どろり」としたダシとカレーが一体化して非常に濃厚なポタージュ状のカレールウに、コシが強くもっちりした極太のうどんを入れて提供する。
うどんの麺汁にカレーを入れるというより、カレーにうどん麺を入れるという表現が合うのが、名古屋のカレーうどんです。
DSC_1080.JPG
DSC_1089.JPG
DSC_1093.JPG
2019年7月13日(土)☁
仕事仲間と、南知多、マルハリゾートでBBQ。
天候は今一つだったが、楽しい時間を過ごすことができた。
マルハリゾート
エビフライで有名なまるは食堂の運営するリゾート施設。
平成27年7月に「マルハリゾートまるはドライブイン内海店」 オープン。
今回は、野外VIPブースを予約。
家族やグループにぴったりの半個室で自由度の高い施設で、
ゆったりとプライベート空間でリゾート気分を楽しめます。
海に一番近いブースで、晴れていれば景色は最高です。
line_589885281545237.jpg
line_589884330522893.jpg
BBQは、まるはセットを注文しました。
名物のエビフライをはじめ、
知多牛/知多半島産豚/アイポークウィンナー/クロワッサン/焼野菜/季節の一品/サザエ/アワビと盛りだくさんでした。
line_589928534905168.jpg
DSC_1112.JPG
特にBBQでクロワッサンは珍しかった。
DSC_1139.JPG
久々に再開した仕事仲間と。
IMG_2030.JPG
観光農園花ひろば
1年を通じて温暖な南知多ならではの気候を生かした観光農園です。自慢は何といっても広大な敷地を季節ごとに彩るお花畑。
7月はヒマワリで、一面が同じ種類で埋まるお花畑はそれはそれは見事です。
そして嬉しいのはただ見るだけでなく、花摘みができ、ひまわりは3本まで家に持ち帰えることができた。
DSC_1148.JPG
line_589878617387791.jpg
DSC_1174.JPG
施設には旬な果物を使ったスイーツもいただけました。
DSC_1194.JPG
一旦、ホテルに戻り夜の部。
世界の山ちゃん本丸店で食事。その後、萬珍軒のラーメンで締める。
DSC_1196.JPG
手羽先唐揚げ「幻の手羽先」が目玉商品。
DSC_1204.JPG
名古屋名物の玉子とじラーメン発祥の店「萬珍軒」
DSC_1207.JPG
DSC_1218.JPG
VOL.2へ続く。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント