ワカシャチ漫遊記第3章「松山道後散策からの広島散策」2019年12月 Vol.2

2019年12月15日(日)
松山から広島に移動し、高松に帰ります。
道後温泉にチェックアウトぎりぎりまで滞在。
午前中は、恒例の朝風呂。
前回は、道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ) へ入ったので、
今回は、道後温泉椿の湯へ行きました。
道後温泉椿の湯
道後温泉 椿の湯は、椿をシンボルとした松山市民の「親しみの湯」、公衆浴場です。
道後温泉 椿の湯は、昭和28年(1953)、「第8回国体」が四国各県で開催されたときに建設されました。
その後、昭和59年(1984)に改築され、平成29年(2017)12月26日に、リニューアルオープンしました。
道後商店街の中央に位置し、蔵屋敷風の落ち着いた雰囲気で、浴室には花崗岩が使われ、
道後温泉特有の湯釜も置かれています。
また、建物全体がL型で、特徴的な外観が目を引きます。
温泉は、道後温泉本館と同じく無加温・無加水の「源泉かけ流し」の湯です。
DSC_5712.JPG
DSC_5718.JPG
道後温泉駅よりバスで松山観光港へ。
ちょうど坊ちゃん列車が戻ってきました。
松山在住時は、汽笛の音をよく聞きました。(懐かしい)
DSC_5744.JPG
DSC_5748.JPG
松山からはスーパージェットで約1時間、広島宇品港まで行けます。
500円プラスして、スーパーシートに乗りました。(2階席)
DSC_5752.JPG
DSC_5758.JPG
DSC_5759.JPG
宇品からは、路面電車で市内へ。
お昼になったので、広島B級グルメ、汁なし担々麺を食べにキング軒へ。
ラーメン20191215キング軒 (11).JPG
ラーメン20191215キング軒 (15).JPG
ラーメン20191215キング軒 (3).JPG
腹も満たし、恒例の平和公園散策。
広島に戻ってきたことを実感できる場所です。
散策するルートはいつも決まっています。
まずは、元安橋側から原爆ドーム正面へ行きます。
IMG_5235.JPG
次に相生橋を渡り、原爆ドーム対岸へ。
次期によっては夾竹桃の花が咲きます。
IMG_5242.JPG
IMG_5247.JPG
原爆の子の像を見て平和記念公園・原爆慰霊碑へ。
今回は資料館へは行きませんでした。
IMG_5251.JPG
IMG_5257.JPG
最後に元安橋を渡り終了です。
IMG_5260.JPG
周辺の状況は昔と比べ、だいぶ変わっていますが、
何度来ても、新鮮な気持ちで平和を祈ります。
これからもずっと訪れたい場所です。

12月おまけ
高松で12月8日(日)全国年明けうどん大会へ行きました。
全国のご当地うどん、しかも年明けということで
紅白がテーマのうどんを食べることができます。
2人で2食ずつ合計4杯のうどんをシェアして食べました。
イベントは、香川県出身の芸人とうどん大使を務める要潤さんの大喜利で楽しめました。
DSC_5319.JPG
DSC_5322.JPG
DSC_5342.JPG
IMG_5117.JPG
IMG_5132.JPG
うどん20191208年明けうどん (21).JPG
うどん20191208年明けうどん (33).JPG
うどん20191208年明けうどん (29).JPG
香川県は、うどんに始まり、うどんで終わります。
2019年おわり
2020年へ続く






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント