ワカシャチ漫遊記「初詣と四国88ヶ所巡礼 in 高知県」VOL.1

2018年新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今年の初詣は、高知県に1泊2日で行ってきました。
四国88ヶ所巡礼は残すところ徳島県と高知県になりました。
2018年1月6日(土)
土佐神社
土佐神社は、高知県高知市一宮(いっく)しなねにある神社です。
高知市北東部、南国市へと通じる大坂越えの西麓に鎮座する
土佐神社は、『日本書紀』や『土佐国風土記』(逸文)の記述で知られるように
古代から祀られた古社で、中世・近世には土佐国の総鎮守として
崇敬された高知県を代表する神社です。
画像

現在の主要社殿は戦国大名の長宗我部元親による造営、
楼門(神光門)・鼓楼は土佐藩第2代藩主の山内忠義による造営で、
いずれも国の重要文化財に指定されている。
画像

2010年1月3日から始まったNHK大河ドラマ「龍馬伝」の
ロケ地にもなった。
画像

善楽寺「第三十番霊場」
高知城へは約6km、JR高知駅まで約4kmというこの辺り一帯は、
往時「神辺郷」といわれ、土佐では最も古くから栄えた地方である。
縁起によると、桓武天皇が在位(781〜806)されていたあとの大同年間に
弘法大師がこの地を訪れ、土佐国一ノ宮・総鎮守である
高鴨大明神の別当寺として、善楽寺を開創され霊場と定められた。
以来、神仏習合の寺院として法灯の護持につとめ、
神仏の信仰を啓蒙して栄えている。
とくに土佐2代藩主・山内忠義公のころには
武門の庇護をうけて寺は興隆し、繁栄をきわめた。
画像

国分寺「第二十九番霊場」
天平13年(西暦741年)聖武天皇の勅願により僧行基が開創。
天下泰平等を願う祈願所として金光明四天王護国之寺と呼ばれてきた。
後に弘法大師(空海)が中興し、四国八十八ヶ所霊場となった。
土佐日記の作者、紀貫之が国司として滞在した地として知られ、
戦国時代の長宗我部氏、江戸時代に入り山内藩主より
寺領が与えられ伽藍が維持されて来た。境内全域が国の史跡。
金堂・梵鐘・木造薬師如来像2体が国の重要文化財に指定されている。
画像

金堂
画像

紀貫之邸跡
紀貫之邸跡は、南国市比江の田んぼの中、疎林の間の
国司の官舎があったところです。
延長8年(930年)に貫之は48代目の国司として土佐に赴任し、
4年をこの地に住み、国司として優れた行政で慕われた。
土佐日記の作者としても有名。
画像

土佐国衙跡
律令制時代の国司が政務を執る国庁が置かれたのが国府です。
土佐国府は、南国市立国府小学校の南東200mほどの所
にあるのが古代の土佐国の国衙(こくが=国司が地方政治を遂行した役所)の
跡と推測されています。
画像

岡豊城跡
岡豊城(おこうじょう)は高知県南国市にある中世の
日本の城(山城)跡で、戦国時代に四国の覇者となった
長宗我部氏の居城であった。
城跡は国の史跡に指定されている。
岡豊城の敷地には、高知県立歴史民俗資料館が併設されていて、
周辺は県指定の歴史公園となっている。
画像

画像

武市半平太旧邸
土佐勤王党の盟主、武市半平太旧宅と墓は、
昭和11年(1936)9月に国の史跡に指定された。
旧宅から右手に伸びている道路を歩くと石段があり、
その先には瑞山神社や瑞山資料館、瑞山の墓などがある。
※武市半平太旧宅は現在個人宅につき、立ち入りできません。
画像

画像

瑞山(半平太)記念館
画像

お墓
画像

禅師峰寺「第三十二番霊場」
禅師峰寺(ぜんじぶじ)は、高知県南国市にある真言宗豊山派の寺院。
本尊は十一面観世音菩薩。
聖武天皇の勅命を受けた行基が海上安全を祈願して
堂宇を建立したのを起源とする。
画像

竹林寺「第三十一番霊場」
竹林寺は、高知県高知市五台山にある真言宗智山派の寺院。
山号は五台山(ごだいさん)。本尊は文殊菩薩。
切戸文殊、安倍文殊とともに日本三文殊の一つに数えられる。
当霊場のうち文殊菩薩を本尊とするのは本寺だけである。
画像

雪蹊寺「第三十三番霊場」
雪蹊寺(せっけいじ)は、高知県高知市長浜にある臨済宗妙心寺派の寺院。
高福山(こうふくざん)、高福院(こうふくいん)と号する。
本尊は薬師如来。長宗我部元親の後援で臨済宗の寺として復興した。
画像

桂浜
桂浜は、高知県高知市浦戸に位置し太平洋に臨む海岸。
土佐民謡「よさこい節」にも詠われ、そして太平洋を望んで立つ
坂本龍馬の銅像がある浜辺は、高知を代表する名所の一つ。
画像

龍馬像
画像

本日の夕食
ひろめ市場で定番の屋台料理。
画像

明神丸:鰹たたき(ポン酢) (塩)
安兵衛:餃子
画像

鯨竜田揚げ・川エビ・ドロメ・チャンバラ貝
握りずし(トロ・ウニ) 田舎ずし(たけのこ・ミョウガ・しいたけ・りゅうきゅう・こんにゃく)
ドロメ:土佐を代表する海産珍味「どろめ」とは、
高知の方言で「イワシの稚魚」のことです。
これ を釜ゆでにしたものが「しらす」とか「ちりめんじゃこ」とか呼ばれる。
チャンバラ貝:マガキガイというのが正式名称ですが、
高知ではチャンバラ貝という名前で親しまれています。
リュウキュウ:ハスイモのことで、里芋と同じサトイモ科サトイモ属の植物です。
根は食べられませんが、葉柄部分、いわゆるズイキのみを
食用とするために栽培されています。
VOL.2へ続く
 

"ワカシャチ漫遊記「初詣と四国88ヶ所巡礼 in 高知県」VOL.1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント